2018-01-30(Tue)

感想     乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
って、なんだそれ?
ですよね(^◇^;)
web小説です。コミカライズもされてたりします。

ちなみにこちらから読めます
https://ncode.syosetu.com/n5040ce/
基本はよくあるパターンの
普通の女子会だった主人公が死んでしまい転生する、異世界転生もの
だったりします。
特殊なのは何故か自分が死ぬ前にプレイしていた乙女ゲームの世界がベースになっているってところです。
乙女ゲームですから魅力的な男性キャラも盛りだくさんです♡からそこも楽しいですけど、乙女ゲームの主人公じゃなく、ライバルキャラの悪役令嬢に生まれ変わってしまうのが大変面白い。
自分がプレイしていたので、ストーリーがわかっているというメタ設定。
このままいけば確実に死亡フラグ!
どうやってそれを回避していくのか?
主人公がフラグ回避のためにとにかく努力しまくる。
努力の仕方も斜め上だし、メタ設定を逆手に利用したストーリーや本人の行動も面白いんですね。
結果、本来とは違うストーリーが待ち受けているというお話です。
主人公のカタリナが悪役令嬢なのに大変好感が持てるキャラに出来上がっていく過程やたくさんの乙女ゲームならではの発生イベントを乗り越えといくのは大変面白いですし、なんといっても、この本の魅力はたとえ未来がわかっていても、自分の力で未来を変えていく事が出来るんだ!
という一点に尽きるとは思います。
気軽に読める1冊なので息抜きに良いと思いますし、乙女ゲーム好きには堪らない1冊ではないかなと思います。
生まれ変わったら~系のものが最近流行していますが、この悪役令嬢~と似たパターンで秀逸なのが、昨年話題になっていた
ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件 
https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550354
ではないかなと思います。
誰もが知ってるドラゴンボールのヤムチャ、ヤムチャといえば、咬ませキャラの王道。
ヤムチャ(無茶)しやがって
の名言が生まれたほどの咬ませです。
当初のカッコイイヤムチャ、、、みなさんご存知のようにメインヒロインのブルマとはまさかの破局するわ(あの時の衝撃は忘れられないけど今ならブルマにはベジータしかいないと思えますね)、栽培マンに呆気なく殺られるわ。
誰もが同情を禁じえないあのヤムチャになってしまったら!?((((;゚Д゚)))))))
こちらも、メタ設定を上手く利用してヤムチャがカッコイイヤムチャになっていくのがやはり面白い。
そして、なんとなく、イラってするw
私はやはり、ヤムチャはヤムチャでいてほしい。お調子者で情けない。でも良い奴。
みたいなのが、やはりヤムチャらしくて私は良いなぁと感じるのでした。
たまには息抜きに漫画の話でした~。
次の読者感想はちと真面目な重たい話になる予定。自分でまだ消化しきれていないので、落ち着いて感想を書きたいと思っています。
スポンサーサイト
2017-12-10(Sun)

ハガレン実写 ネタバレ感想書く

今日は映画見に行きました。
大好きな『鋼の錬金術師』通称ハガレン実写!
春頃に知った時には大丈夫だろうか?
と、エドが山田涼介さん、大丈夫か?!
って思って心配してました。
夏に銀魂の実写を見た時は福田監督ならやってくれるはず!とキービジュアルがとにかく素晴らしかったし安心して見に行きましたが、ハガレンの世界を実写にするのは大丈夫なんか?
しかもイタリアロケはいいけど全員日本人キャストって!と思ってました。
最初の違和感は確かにすごい。
しかし結論として、やはりハガレンは原作のポテンシャルが高いので、中身はそれなりに面白かった。
アルのCGもすごかったですし、戦闘シーンや錬金術のシーンはやはりカッコイイ!
キャストの中では、ラスト役の松雪泰子の存在感が凄い。
ビジュアルで言えば一番の完成度だと思います。
妖艶で残酷で、とにかく美しかったし、演技もさすが!
タッカー役の大泉洋も演技が上手い!と正直感心しました。ビジュアルはさほど似てませんが、演技力はピカイチです。
マスタング大佐役のディーンフジオカ、正直なとこマスタングファンの皆さんは何故ミッチーじゃないの?とキャスト発表時には話題になってましたね(作者の荒川さんが、マスタングはミッチーをイメージしてるとコミックに書いていた事に起因)
私も、最初はイメージちょっと違う気がしてましたが、実際に実写で動く、マスタング大佐役のディーンフジオカさんめっちゃカッコ良かったです!!
どちらかというと、リザホークアイ役の蓮沸さんのが違和感がバリバリでした。
ヒューズ役の佐藤さんはなかなか良い味が出てましたし、ウィンリィ役の本田翼さんは、普通に可愛らしかったです。
ストーリーは尺がやはり足りなかったと思います。
かなり詰め込んだ状態でした。
なので新しい別物(パラレル的な)ハガレンだと思って観るのが良いかもしれません。
賛否あるかとは思いますが、個人的には面白かったです。テンポよくハラハラも出来て良いと思います。
個人的に一番好きなシーンは、エドがアルに殴りかかるシーン。
アルはCGとは思えないリアルさが素晴らしいし、鎧なんだけどちゃんと感情が感じられて殴るシーンでは切なさが伝わってきました。
惜しむらくは声優さん、オールCGなんだから、アニメと同じ釘宮さんにして欲しかった!
抜擢された新人の水石亜飛夢さんはイケメンですしw悪くはありませんが、アニメファンとしては、やはりアルは釘宮さんのイメージが強いですからね( •́ .̫ •̀ )
ストーリーの山場は、原作同様、ラストとマスタングの直接対決。
エドより、マスタング大佐が主役級の大活躍で、とにかくカッコイイの一言に尽きます!
最後に、死んだ?と思われたエンヴィの焼け墨みたいな体の中から寄生虫みたいなの(エンヴィの本体)がポロっと這い出して逃げて行きます。
アレをわざわざ出したって事は続編あわよくば作るぞという事で良いのかなぁ?
私としては、エドのプロポーズのあたりは実写でちょっと見て見たいw
最後に来場者特典が荒川先生書き下ろしの0巻が貰えます。

中身は、前半がエドが国家錬金術師になった直後の話で、ギャグぽい感じの仕上がり、後半はインタビュー記事が載っており、ファンにはたまらない1冊だと思います♡
おまけ
来年夏はBLEACHが実写化するらしいね!主役の一護役は福士蒼汰さんらしいですよ、イメージだと一護はもうちょっと、目付き悪めな気がしますがwこちらも是非見に行きたいと思います!!
2017-11-18(Sat)

ブルマさん。・゜・(ノД`)・゜・。

ブルマさんの声優さん(ドキンちゃんや、鮎川まどかの声優でもある)鶴さんが大動脈剥離にて突然死のニュースが世界を駆け巡りましたね。
ドラゴンボールファンは世界中にいるわけで、ネットには悲しみの声が溢れていました。
大動脈剥離は突然起こるみたいですが、場所が運転中だったのも間が悪かったみたいですが。
とにかく、ご冥福をお祈りしたいと思います。
あの元気な声がもう新たに聞けないのだなと思うと本当に残念でなりません。
ドラゴンボール超も盛り上がっているだけに、ブルマの声を他の声優さんがするのが想像つきませんね。・゜・(ノД`)・゜・。
個人的にベジータが大好きな私としては、堀川さんと鶴さんコンビの声がもう聞けないのだなと言うのが本気で悲しいです。
ドラゴンボールの声優さんといえば野沢さん、野沢さんになりがあれば、ドラゴンボールそのものがどうなるんだろうか?って危惧は結構前からあります。
しかし、悟空の声こそ他に変わりが想像できないですよね、悟飯も悟天も一人3役ですしね。
長寿アニメならではの悩みではありますね。
昔、ドラえもんの声優陣がガラッと変わった時の違和感が凄まじかったのを思い出しました。
しかし、今の子供たちには新しい声のが当たり前になりつつあるわけで、時代の流れを否応なしに感じます。
声について、iPhoneに面白い無料アプリがあったので、やってみました。

お姉様声らしいよw
声は生まれ持ったギフトだと思いますからなんですが、良い声~♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪ 
な判定基準としては5つが挙げられるそうですよ。
声量、明るさ、響、明瞭、柔らかさ
判断アプリでは
高さ、明るさ、ハキハキ、丁寧さ、心地よさ
みたいですね。
昔から、眠くなる声とよく言われてました(´-ω-`)…zZ乙
講師としては、寝られたら困るのでw
いつも、わざと高めに声を出すように実はしてます。
あと、なるべくゆっくり話すという事も意識していたりします。
大阪弁だとどうしても早口に成りがちなので、講師の時はかなり意識して標準語。
講演の時は、メリハリをつけるため、大阪弁をところどころ混ぜるみたいなことを意識的に実はやってたりします。
つい先日、仙台の飲み会にて、
『実は、東北の人は大阪の人が苦手』って話を聞きました。
だよね、知ってるよ~!(´-ω-`)
理由はめっちゃグイグイくるかららしい。
っていうか、東北だけじゃなく、全国的にそうでしょ?
みたいな気がします。
大阪をでて7年。
何処に行っても、大阪のグイグイくる感については同じように言われますしね。
自分では全くそんなつもりは無いのですが、やはり私も大阪で生まれ育った女ですから、そこは仕方ない。
嫌われない程度にグイグイ行こうと思いますw
2017-11-16(Thu)

今頃、異世界はスマートフォンとともにをみた

たまにはアニメの話も書きます。
今期のアニメは豊作ですよね( •̀∀•́ )✧
一押しは『魔法使いの嫁』なんですが、アニメは漫画の世界観をうまく表現しており素晴らしい作画だと思います。
他にも『ネト充のススメ』なども、キュンキュンできて、なおかつ漫画の方よんでたら、バックに社会問題性なんかもあり予想より楽しめます。
最近はラノベやネット漫画もすぐに深夜枠でアニメ化するので個人的には嬉しいです。
中にはなんでコレアニメはしたんだ?みたいな作品もあるにはありますけどね( •́ .̫ •̀ )
そんな中、前期のアニメで見落としていたアニメを今更みました。
『異世界はスマートフォンとともに』
なんていうか、主人公がチートキャラで、異世界RPG風、美少女沢山の(ちょっと幼女かもしれない)ハーレムものではあります。
ネット小説→ラノベ化→アニメ
になった作品で、ネット小説のほうはネットでも読めます。ラノベで10巻まで出ていて、ネットでも550Pあるからそれなりのボリュームですが(^◇^;)
異世界にいってしまう系の話はさほど目新しくはないのですが、この作品の面白さはスマートフォンを異世界でも使える仕様にして持ち込む事で主人公がチート化していき、王様にまでなるだけじゃなくて、敵対していた国々を支配するのではなくて、スマートフォンと知恵を使い交渉しながら、連携させて行く手腕にあると思います。
そこがとても面白い。
世界には力(権力)を持った人は沢山いますが、権力と知識の正しい使い方といいましょうか。
そういうのが、この作品にはちりばめられています。
こういう人が本当にいたら世界は平和になるだろうなぁと、、。
上に立つ人の資質について考えさせてくれる作品だと思います。アニメは2クールだったみたいですので、是非2期やってほしいなぁ。
とは思いますが、円盤の売り上げによりけりなんでしょうね(^◇^;)
多分、大ヒット!とまではいかない感じの作品なので、、気長に2期待ってます。
そうじゃないと、アニメは冒頭部分くらいで終了なので面白くなって行くところが描かれる前に終わっちゃってますし。
連携の在り方についてゆるく学びたいかたにはオススメのアニメだと思いますw
ってことでネット小説版はこちらから読めますよ~
https://ncode.syosetu.com/n1443bp/
2017-10-02(Mon)

3月のライオン2期がもう直ぐ!

久しぶりに、アニメの話をw
もう、オタクバレバレな感じの内容なので興味がない方は回れ右して読まないようにw。

さて、3月のライオンの2期が10月14日からスタートしますね。
最近とりためていた1期22話をイッキみしましたw
後半、島田さんがいい味だしてましたね!
キャラの中では私は島田さん推しなので、見ごたえありました。
さらにコミック最新刊(13巻)も読んだので、すごく待ち遠しいです。
13巻では(以下ネタバレ有り)
島田さんと、林田先生と、あかりさんの3角関係が!
キュンキュンします!
さすが、羽海野先生、ハチクロの時もだけど恋を描かせたらキュンキュン半端ない。
あかりさんがどちらを選ぶのか、はたまた全く違うキャラとくっつくのか今後の展開が楽しみです。
主人公である零ちゃんは、ひなちゃんと最終的にはくっつくのでほぼ確定なんだとは思いますが、あかりさんにも幸せになってほしいです。
個人的には島田さんとくっついてほしい!
と、いうか、島田さんを幸せにしてあげてほしいw
3月のライオンはガチな将棋漫画ですが、主人公の人としての成長はもちろんの事、恋模様も大変楽しい漫画だと思います。
さて、そんな私が最近イチオシの漫画がもう一冊あります。
『100万の命の上に俺は立っている』
原作は山川直樹さん、漫画は奈央晃徳さん。
異世界ものではあるのですが、いろんな意味で新しい。
先日3巻が発売されました。
ネタバレ有り
異世界(実はパラレルワールド)に勇者として召喚される主人公、主人公達はパラレルワールドにデジタルデータとして召喚されており、死んでもしばらくすると生き返る、しかし仲間が全滅するとゲームオーバーとなり全員がリアルに死亡する、また全員が死ななくても期限内に指定のクエストを達成しないとリアルで死んでしまいます。(バーチャルではなく、パラレルワールドは実際に存在している違う歴史をたどった地球であり、デジタルデータとして召喚されている主人公たち以外はリアルなため、この世界で人を殺せば、リアルに相手は死にます。バーチャルではないというのが、この物語の肝だとも言えます)
一つのクエストをクリアすると元の世界に戻れるとともに、マスターと名乗る謎の人物に質問が出来る権利が与えられます。
さらにクエストは10回あり、クエストをクリアし一旦元の世界に戻るとしばらくの時間をあけて再度クエストをクリアする為に異世界に強制召喚され、クエストを重ねるごとに、勇者と呼ばれる仲間(同じように召喚されている)が増えていきます。
最終的には10回目のクエストを10人でクリアする事が目的となります。
クエストの内容がどんどん難しくなるのですが、ただ敵をやっつけるみたいな内容ではなく、すごく理論的な頭脳戦だったりして、異世界バトル(RPG)ではあるのですが、理系というか、推理ものぽさもあり、私としては、ドンピシャ、めっちゃ好み!!
な、内容です。
ちなみに、恋愛要素は低め。
よくある美少女ハーレム的(ソードアートオンラインとか)な感じではないです。(絵柄は可愛く、美少女は出てきますけどね)
異世界ループものといえば、ラノベからアニメ化された、『Re:ゼロから始める異世界生活』などが記憶に新しく、私も好きではありますが、私の中で超えた、この100万の~は設定の上で今までにない、凄いわ、コレ!みたいな。
そのうち、この作品自体もアニメ化絶対されるだろうなと思いますが、なにせまだ3巻までしかでてませんから原作が追いついちゃうので、アニメ化自体ははやくても1年以上先でしょうね( •́ .̫ •̀ )↷↷
ソードアートオンラインとか、GATEとかも初めて読んだ時凄いと思いましたし面白いけど、今回のは斜め上キタ!
って正直驚いたと言うか。
こういう設定を思いつく人の頭の中を一度覗いてみたい!
異世界バトルもの、推理系などがお好きな方はハマること間違いナシ。
2巻あたりは、何回か読み直してようやく理解できた。数字に弱い私(ー ー;)
数字系パズル解いてるみたいな感じでいろんな意味で読み応え有りでした。
そんなわけでいろんな楽しみ方が出来るこの漫画、大変オススメ。
秋の夜長にいかがでしょうか?
プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク