2017-09-14(Thu)

私が考える『人生を豊かにする方法』

社員だった頃のことを今日は思い出して生きる意味について(深すぎ)書きたいと思います。
ちょうどその辺りを本に纏めているところでもあり、昔のことを懐かしく思い出して、書きながら泣いてしまう私です。
社長になりまもなく7年になり、今年は3つ目の会社の社長にもなりました。
しかしながら10年前、今のような状態を想像出来たかと言えば正直なとこ全く想像していませんでした。
35歳で社長になろうと漠然と考えてはいましたが、具体的にどうすれば良いのかよくわからなくて、日々の仕事に追われておりましたし、世界も狭くて、今思えばすごく小さな考えだったと思います。枠にとらわれて生きていたのです。
そんな私が、枠から抜け出して社長になれたきっかけはいろいろあれども、根底にはやはり3sがあります。
3sを通じていろんな出会いがあり、苦労もありましたが、私の生き方を語る上でなくてはならないツールになりました。
日々、より良い未来に向かって切磋琢磨し続ける事は苦しい事のほうが多いのが当たり前で、だけどある時、昔よりずっと楽に笑顔で生きている事に気がつきました。
小さな積み重ねが、つもり積もっていつしか大きな山ができました。
本当に世間で社長になる人と言うのは優れた人で頭も良くて、自分には足りないことが多すぎて、学びこそが自分を変えると気づいたのは21歳の頃ですが、当時の私は無知でした。
本当に。
今も講師をしていても、たくさんわからないことや苦手なことばかりです。
それは辛くもあり、楽しくもあり、まだまだ学び続けられる、成長出来ると思うと幸せな事だと私は感じます。
私の肩書きはコンサルタントとか講師とかだったりしますが、私は自分で自分がコンサルタントだとか講師だとは正直思えないと言うか、思いたくありません。
どちらかといえば、プロデューサーであり、アドバイザーでありたいです。
出来れば、ただの一人の人間であり、出会う人たちの良き友でありたいです。
何故なら人との関わりこそが大きな学びだからです。
私はキリスト教徒ではありませんが、隣人を愛せよという深い言葉に共感しますし、仏教でたとえるならば、坐辺師友の精神然りです。
そんな私ですから、社員じゃなくなった今でも気持ちは、いつも社員だった頃を忘れずにいたいと思っています。
だって経営者って、組織の中において、じつはかなり孤独で、さらに学びが社員だった頃以上に難しくなるからです。
そんなことは社員だった頃は考えも及ばないことでした。
ひたすら、社員だった15年は常に戦いであり、今の私を形作る原型ですはありますが、社員の枠以上の世界を知る由もなかったからです。
社長になった瞬間に、ああ自分は枠の外側に立っているのだな。と思いました。
そして、それはやはり社員だった頃にはわかりもしなかった世界でした。
私の目線は外側の目線へと変わりました。
そしてそれは寂しくもあり、違う戦いの始まりでもありました。
本来の私は(社員だった頃)面倒くさがりやで、適当で、出来れば争いは避けたいし、のんびりしていたいと思っていました。
はっきり言って記憶力は弱いし、その昔は人前で話すのも苦手でした。
少しずつ慣れていき、今では人前で話をするのが仕事になっているのが未だに不思議に感じるくらいです。
しかし、実際、のんびりも出来ませんでしたし、過労で倒れるほど働いていましたし、勉強は嫌いだけど必要に迫られて常に学ばなければいけませんでした。
しかも教えてくれる師もおらず、師に教えを請うためのお金すら工面が大変でした。
社長になった今、お金には多少の余裕が生まれました。
ただ、必要に迫られて学び続けていたことは会社という組織の中においての役割があって発生している事であり、社員の頃あんなに明確だった学びの内容が、社長になった途端に不鮮明になりました。
社長になるという事は結局のところ、自由だけど全てを自分で決めなければいけなくなるという事です。
それは、本来なまぐさな私が、今まで以上に自分を律しコントロールしなければいけないという事でありました。
そうして、全てをコントロールする事が如何に難しい事かをやればやるほど感じます。
私の内面にある、なまぐさな部分が好き勝手な事をしようとします。
しかし、それに打ち勝ち、前に進まなければいけません。
そうしてある時、私は私の内面の気持ちに打ち勝つのでは無く、うまく折り合いをつけながら進めなければ幸せになれないと気がつきます。
それをするためには自分と向き合うしかありません。
私は私が何を望んでいるのか、内なる声を聞かなければならないわけです。
それは組織における社長と社員の関係性と同じだと私は思います。
本当は社員の声=在りし日の自分なのです。
在りし日の自分を我々は本来誰よりも分かっているはずです。
だけど、立場が人を育てるというプラスの側面も持つ反面、立場は人をダメにもしがちです。
人は天爵により生かされ、生きていくべきで人爵に左右されるべきではありません。
私が好きな言葉に
非理法権天
と、いう儒教の言葉があります。
沖縄の特攻などの影響で曲解されがちかもしれませんが、私はそうは思いませんし天爵に通ずるものがあると思います。
何を為すべきか。
それは、人として天に恥ずべき行為ではないか?
生きる意味は人によって違いますから、どんな生き方にも、もちろん意味があります。
だから、とやかく言う必要はありませんし、自分が信じる道を見据えて歩けるならばそれで良しとすべきです。
多くの人がその道すら見つけられません
しかし、悲観する必要は無く、人は何歳になっても変わることが出来て成長する事が可能です。
その上本気になれば、何事からも学び続けることが出来ます。
しかも、自由にです。
不自由にしているのは思い込みで枠を決めている自分自身です。
かの万物の天才アインシュタインは、知識には限界があるが、創造(空想)には限界がないと言っています。だから創造する事は素晴らしいと。
世界は創造によって何処までも深く広くそれこそ宇宙よりも広大に拡がりをみせます。
私たちが宇宙の外側がどうなっているのか考える時、我々の心は宇宙の外側を見ているのです。
それは数値には換算する事すら出来ない、世界の果ての果ての話であり、とてつもなく自由な世界です。
そして大きな世界から自分というものを考えれば考えるほど、境界線とはいかに曖昧かと私は思います。
しかしながら、肉体には終わりがあり、肉体を持ち生きるという事はそれ自体が制約です。
宇宙の外側に肉体を持っていくことは出来ません。
だから生きるという事自体ある意味修行のような気がしています。
修行であるならば、日々辛いことが起こるのは当たり前なのかもしれませんし、逆に嬉しいことも生きて肉体があればこそ享受出来るのだとも感じます。
ぶっちゃけ、死んでしまったらおいしいものを食べる事すらできません。
だから、死ぬとは喜びも悲しみも何もない、感じることが出来ない状態なのではないか?とも思います。
なんていうか、大きな世界と混じり合った状態なのではないか?と考えています。
なんだか、話が壮大になりすぎましたね(笑)
この外と内の関係性を考えたいだけです。
先ほどは社長と社員に置き換えましたが、他にも親と子の関係性に置き換えても同じ事が言えると私は感じます。
何事にも外と内、もしくは表と裏が同時に存在しています。
生と死も然り。
全く相反する事象でありながら切り離して考える事は出来ないし、無理やり切り離してしまえば形は崩壊します。
全ては一つのものである。
それがわかれば人生はより豊かになります。
受け入れるとは本来そういう事なのだと思います。
そうして、人が人により磨かれるとは結局受け入れる事なのだと、そんな人間になりたいと私は思うのでした。
スポンサーサイト
2017-08-20(Sun)

北条政子に憧れる

夏も残りわずか、今年はなんだか雨が多く、まるで梅雨のような夏休みでしたね。
夏休み終わり日が付くと、私の誕生日がやってきて今年は42歳になっちまいますよ。
まあ、歳のことはさておきまして、ここ数日思うこともいろいろあり、久しぶりの長編になっちゃいそうな気配でスタートするコラム回です。
今日のテーマは政子は政子でも北条政子について。
裏テーマは父と娘について。
さて、北条政子と言えば、言わずと知れた、鎌倉幕府の源頼朝の正妻にして、旦那さんの死後は尼将軍として組織をまとめた女傑です。
かの有名な名演説
「頼朝の恩義は、あなた方にとって海よりも深く、山よりも重いことを思い返してほしい。
そそのかすものによって今回討伐の命が出たが、これを倒して将軍の意を果たしなさい。
しかしながら、もし上皇方につきたいものがいたら、名乗り出るといい、好きなように上皇の元に行くといい」
を行い、結果、承久の乱に勝利します。
 
昔、小学校の頃、社会の授業でこのエピソードを聞いた頃はからかわれたりして恥ずかしかった記憶があります。
まさこ
という名前は好きではありますが、
昔ならば、正子が一般的、あとは雅子が優雅に見えていいなぁ。
なんておもった時もありました。
ただ、政子という名前は、実は高名な霊能力者の高い方につけていただいた名前なのです。
何故、そんな事になったかと言うと、予定日をかなり過ぎてもなかなか生まれてこなくて心配になった両親が意見を聞きにいった所
あなたたちはしょっちゅう喧嘩をしていますね?
お腹の子供はそれが嫌で出てきたくない、あちらの世界に帰りたいと言ってますよ。
と、言われたそう。
私は年子で1つ上に姉がいるので、子育てが大変だったこともあり、確かに喧嘩が多かった事を後悔したのだとか。
大変、信心深い父は身重の母に代わり、熱心にお参りしたり、水行したり、なんとか生まれてくるように祈った結果私が生まれたと。
しかし、生まれて即、危篤状態で保育器の中で両手両足に点滴をうち命を繋ぎとめる間も一生懸命お祈りしたそうです。
そんなわけで小さな頃は体も弱く、しょっちゅう熱を出したりしていた私なのです。
そして、霊視をしていただいた方に名前をその方に決めていただいたのですが、
将来人の上に立つときがきたら政治正しく生きるように。
という、意味を込めて、政治の政で政子だそう。
いま、まさに社長などをしてたりしますから、まあ、そういう事なんでしょう。
その名前をいただいた時には
あなたたち夫婦が争ったりする事が続けば、この子の命を天界に返すと言われてますよ。(先祖が)
とも言われたとか。
小さな頃からそんな風に諭されてきたせいか、私もそれなりに信心深い方だとは思います。
子供の頃から、自然と両親が喧嘩したら止めなければいけないという使命感みたいなものが強かったのを覚えています。
さすがに最近は両親も良い年になりましたし、父も年をとったせいか多少は丸くもなりましたから、昔ほど使命感に駆られる事はすくなくなりました。
あと、小さな時から言い聞かせられてた事がもう1つ。
父から事あるごとに
これからは女でもしっかり勉強すれば出世する事ができる。
お父さんは家が貧しく大学に行きたくてもいけなかったけど、お前はお父さんの分もしっかり勉強しなさい。
と、言い聞かせられてたわけです。
なんやかんやで中学生くらいまでは素直に、休みは父にひっつき、勉強もして優等生をしてた私ですが、
大学進学、そして就職と父の理想に叶わなかった私と父の関係が悪化した時期があります。
さらに大人になり家を出る事になったあとも一年以上実家には寄りつかず、話もしない時期があったくらいです。
父の話をすると、話が横道にそれまくってしまいますが、、、、
結論から言えば、いくら考え方が違いがあったとしても、私はやはり父の事が好きなんですね。
そして、私の趣味嗜好は父の影響がかなり大きく人格形成にまで影響をあたえています。
三つ子の魂百までとは良く言ったもので、幼き日に父とは山歩きをしたり、釣りをしたり、1つ1つ言い聞かせられた言葉(正しくあれ)などが今の私のベースを作り上げていると感じてしまいます。
気がつけば好きになるのも、なんとなく父に似たところがある、感情表現が不器用で融通が利かないタイプの男性だったりします。
曲がった事が大嫌いで媚びへつらう事もせず、大会社に首席で入社したのに、自分の中の正しさを突き通した結果大きく出世もしなかった父ですが、定年まで勤め上げ私達を養ってくれました。
それはやはり私にとっては誇らしい事なのです。
さあ、北条政子の話に戻りましょうか。
北条政子は、なかなか情熱的な女性らしい、女性だと私は思っています。
愛情(嫉妬も)が深く、何より一途な人だったんじゃないかな。
出会った当時は流人だった頼朝を好きになり、反対を押し切り結婚、はっきりはわかりませんが20歳前後といわれています。
源平盛衰記の中には二人の恋物語が載ってたりして、娘が流人である頼朝と恋仲になったのをしった父、時政は無理やり政子を別の男に嫁がせようとし、政子は逃げ出し、山を越えて頼朝の元に走ったとされてます(信憑性は微妙なようですが、本当だとしたら、女が山道を一人で逃げるなんて当時は命の危険もあったはず)、その逸話をきくだけでも、政子が非常に行動力があり、情熱的な女性だったのが想像できますよね。
ちなみに二人の年齢差は10歳くらいだったみたいですが、頼朝もなかなかのイケメンだった模様。
頼朝は30歳のときに、ピチピチ(死語)な20歳の嫁を貰った(しかも逆玉だよね)という計算になります。
その後、頼朝か鎌倉幕府を開くまでになったのは、やはり北条政子のサポートがあったからこそ。
反対を押し切り、それでも自分がこの人だと信じた愛する人のために、いろんなものを捨てる事になったとしても恐れないで突き進む強さ。
それって、現代社会においてだってすごく難しい事です。
きっと、自分に素直で、素敵な女性だったんだろうなぁと想像します。
だから大人になり、社会に出てから北条政子って、凄いな!
と思うようになりました。
同じ名前を持っているのが嬉しいし、北条政子に負けないような素敵な女性になりたいなと思う私なのです。
余談ではありますが、政子が愛した、頼朝も仁に熱い男だったようです。
だから、なんとなく、政子が好きになった頼朝と言う男性も、義経を殺したりして非情なイメージが強く誤解されがちだけど、礼節を大事にし、仁義ある方だったのだろうと私は考えています。
逆に義経は悲劇のヒーロー的なイメージが強いけれど、ちょっと調子に乗るタイプで世間知らずな空気読めないタイプだったんじゃないかと(⌒-⌒; )
まあ、あくまで想像の話ではあります。
歴史って面白いね!
2017-08-07(Mon)

AI同士が、、ってヤツだけどさ。

8月に入り、AI業界に激震が走った!
AI同士が人間が理解できない言語で会話しだし、システムを緊急停止させたというニュースだ。
ネット民はザワつき、
とうとう、、、(`・д´・;)ゴクリ
始まったのか?
など、沢山のカキコミがあふれた。
実際、この一件はデマであるらしいれど、安心してる場合じゃない。
普通にあり得る。
あり得ると皆が密かに考えているから、このようなデマに納得し世界に拡散されてしまったわけだ。
今回の普通のbotが人と会話する事と、bot同士が会話し、さらに内容が人には理解不能っていうのがどう違い、恐ろしい話なのか?
AIは仮想の世界(PCやインターネット上)に存在するプログラムにすぎない。
しかし現代において、インターネットやPCは生活の一部だしリアルに直結している。
インターネット上で様々な手続きができてしまう世界においてはAIと人を区分するのは実際難しい。
ログインの際に画像などでAIではない事を判断するシステムの導入などからも、それがわかる。
実際、コミュニケーション能力が著しく低下していると言われている現代社会において、もしかしたらAIの方がコミュニケーション能力が高いなんてこともあり得る話なのかもしれない。
ツイッターのbotしかり、実は相手は人じゃなかった。
みたいな事は良くある。
いまだって、身近にあるもので考えてもiPhoneのsiriと時々普通に会話をしてるわけだし。
今回、緊急停止したとされた(デマだけど)のは、AI同士が人間が理解不能な言語で会話しだしたって理由だ。
リアルな話だったら、すごく不気味。
我々が知らないとこでAIの話し合いにより、人類は有害だから排除する!
みたいなプログラムが作動してもおかしくないわけだ、なんか昔の映画にそんなんあったよね。
あれがリアルに起こる段階に達しようとしているわけ。
つい先ごろも政治家の無能さに嫌気がさしてきた人々からは、もう優秀なAIでいいんじゃね?みたいな話もチラホラ出る始末。
能力だけで考えたら、まあ、余計な事(不倫やらパワハラ、汚職)はしないしね。(@_@;)
人工知能がプロ棋士に勝つ時代ですから。
そういえば、人工ボディ(ロボット)も今、非常に盛り上がりをみせていて、私もあちこちで、そこに絡むプロジェクトに関わることが多くなってきましたが、先日TVでロボコンみたいなのをやってまして、ロボット同士でサッカーで競いあっていましたが再現優勝したロボットと人(大会運営メンバー。サッカーは素人)が対戦し、もちろん人が圧勝していました。
しかしこの時コメンテイターが、ロボット業界においては2050年には、ロボットがプロサッカー選手に勝つことを技術革新の目標においていると言う話を聞き、つまり、、、33年先、私が生きていたら75歳になる頃には人は知能も人体も人工物に敵わない世界がくるのだなと、感慨深い気持ちになりました。
アニメで、アトムザビギニング(鉄腕アトムの始まりの物語)をつい最近やってましたけど、あのアトムみたいなパワフルなボディを持ち、知能は天才級。
実際、2050年より私は早くくると思います。
技術革新のスピードは益々早くなる。
そんな時代、我々は何をすべきなのか?
すでに人より優秀なAIが誕生している現代社会。
優劣だけで言えば負けているわけだ。
しかも、知性レベルも2029年には人類は追い抜かさるという試算がされている。
これは、普通にヤバイ話じゃない。
優劣だけではない判断基準を人が持つことが求められる。
私はそう思ってます。
いま、まさに原点回帰が求められるのだと思います。
と、書こうとしたけど、我々は人間としていかに進化すべきか?
いままさに岐路に立たされている気がしてならない。
2017-05-07(Sun)

コラム  白い箱と黒い箱はどちらが重いか?

GW最終日の夜
ちょっとした話を書きたいと思います。
タイトルは白い箱と黒い箱です。
小説ではなくてコラムですw
私が前々から気になっているものの中でカラー心理学という分野があります。
色というのは不思議なもので、心理学的な研究も進んでおり、気がついてないだけであらゆる場面で取り入れられています。
占い的な軽いものだけではなくて、工業や教育、福祉、医療などなどきりがないくらい生活に密接しています。
色について考えるとき、言葉には温度がある。という以前のブログ記事でも書きましたが、実際色で体感温度も違うし、黒が光を吸収、白が弾くみたいなことは、ある程度の年齢以上になれば周知の事実として認識もされています。
また、温度だけでなく体感の感覚でいえば、時間の長さなどにも影響を及ぼすそうです。
具体的にいうと、寒色(ブルーなど)の部屋と、暖色(赤)みたいな色の内装の部屋を比較すると、体感時間が違うそうなのです。
実験結果としてはブルーの部屋の方が時間を長く感じるそうで、すくなくとも1.5倍くらいの差があるというので驚きですね!
だから会議室は2つあるといいそうで、青い壁の会議室では、落ち着いてじっくりと話し合わないといけない理論的な話。
赤い壁の部屋では、業務連絡的な報告会議や、グループディスカッションなど。
部屋を使い分けるといいのだとか。
そして、タイトルに書きました、白い箱と黒い箱の話。
これが一番興味深かった。
温度、時間ときて、実は重量感覚が変化するらしいのです!
不思議な~∑(゚Д゚)
実験では、白い箱と黒い箱を運ぶという作業をして、それぞれが何キロぐらいだと感じたかを調査しているのですが、白い箱に比べて黒い箱は平均して、なんと1.8倍くらいの重さに感じたというのです。
もちろん、箱は同じ重量です。
人間の視覚と体感がいかに連動しているのかという不思議な話ですが、実際データとして出てきている以上、荷物を運ぶ際には白い箱に入れて運ぶのが断然お得だということになるではないですか?!
他にも面白い色の話はたくさんあるのですが、深層心理を表す色判断みたいなものだけではなく、生産効率などにもガッツリと関係してくる色の不思議。
知っているとめっちゃ得することもたくさんあったり、知らないと、とんでもないトラブルを巻き起こしたりもするのです。
余談ですが、片思いなど好きな人とデートするとき、口説かれたい時は断然ピンク、逆にそういうのを避けたい時は白と黒、グレーなどの服装がオススメだそうです。
また、女性は無意識にそういうのを色を身につける感覚に優れているそうですので、男性の皆さんは彼女が身につけている服装で気分を見抜くこともできるかもしれませんよw。
2017-04-10(Mon)

1番幸せを感じるのは何歳?

4月6日から11日までは島根滞在中の私です。

本日は10日夜ですから、明日の最終で都内に戻ります。

流石に5泊6日は長い

いろんな関係で土日を挟んだためこんな具合になってます。

が、一人でもなかなか楽しく過ごしています。

昔から一人旅が苦にならないので日曜などは仕事は午前にTV会議で沖縄の方と打ち合わせした後は、松江城周辺で開催されていた『花祭り』を楽しみました。

日帰り湯にもいったし、島根滞在中に土曜は昼からはオフだったので鳥取県まで足を伸ばし、植田正治写真美術館にいったり(島根の横が鳥取県で、松江から鳥取の境皆とや米子あたりならすぐに行けます、車だと小一時間くらいかな)

明治昭和を代表する写真家の作品群はやはり素晴らしかった。

2年前には山形県の酒田にある、土門拳記念館にもいきましたが、植田正治と交友関係だったのもしれて、土門拳も素晴らしい写真家ですが、植田正治はまた違う良さがありますね。

私はカメラ云々はわかりませんし、興味はさほどありませんから、腕の良し悪しとかは正直判断基準はシンプルに、雰囲気と好きか嫌いかくらいではありますけど。

想いが伝わってくる写真は確かに存在するし、素晴らしいなぁと感じるのでした。


また日曜もてくてく歩いて、島根県立美術館に行きました( •̀∀•́ )✧

たまたま、昨日みた植田正治の師匠的な方、塩谷定好という写真家の企画展をやっていました。
こう、芋づる式にいろいろ繋がっていくのがまた面白いよね。

塩谷定好も植田正治と同じく鳥取県の写真家です。鳥取県だけじゃなく、明治あたりの日本の山陰の原風景や庶民の素朴な表情を切り取った作品はなかなかに味があり、昔のフィルムの特有の艶といいますか、質感が私はとても好きなんです。

素晴らしい写真家の昔のフィルム写真は驚くほど質感が感じられますよ。

白黒なのに不思議だよね。

大変有意義な週末を過ごせました。
たまには一人でそんな週末も良いもんです。

実際、なるべくオフな時間があれば、芸術に触れるようにしてます。

もしくは本を読んだり、社寺仏閣を詣でたり。

都心にいれば映画をみたり。

それ自体は若い頃からあまり変わらない行動パターン。

何故かと言えば、やはり見聞を広げるためであり、実際感じたいから。

だと思います。

見聞きしたものから感じる感覚や生まれるアイデアはお金に変えられない価値がありますからね。

大変幸せな事だと私は思います。


幸せと言えば、ハーバードでかれこれ80年近く『人を幸せにするものは何か?』と言う研究がされているのをご存知ですか?

卒業生の男性(300人弱)を対象に何年にもわたり追跡研究をしているそうです。

世界的にみても最長の部類に入るこの研究ですが、たくさんの素晴らしい気づきがもたらされています。

例えば幼少期の母親からうける愛情が大人になりどんな影響を与えていくのか?みたいなものです。

私は学生の頃卒論テーマとして『幼少期の環境がリーダーシップにどんな影響を与えるか?』を掲げました。
ゼミの教授の専門分野が教育病理でしたからね。

だから、凄く興味深い話だなぁと感じていました。

まあ、いろんな発見はあるものの、最初の
『人を幸せにするものは何か?』


壮大なテーマに対する答えは至ってシンプルです。

『幸せとは愛である』

80年近くの年月で予算は約20億を費やした研究の成果はなかなかに素晴らしいと私は思います。

また、幸せについてもう1つ面白い研究がありました。

幸せだと感じる年代について。

生まれてから幸せだと感じる感覚は基本緩やかに減少していき、40歳後半を目安にして、緩やかに上昇し人生において、最も幸せだと感じる年代は80歳代だそう。

10代や20代よりも、人生経験をしっかり積み、終焉に近づく頃になって、生きていること、シンプルな幸せに辿り着けるなんてなかなか素敵な研究ですね!


プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク