2011-05-15(Sun)

月夜の晩はアンニュイになる

今日は、大阪の千里中央まで、キャンディ・ジャンさん(中国の女優さん)の演劇を見に行ってました。

ケイオスがらみの知り合いなのですが、大変素敵な女優さんです。

演題は「ハックルベリーにさよならを」という劇でした。

内容はネタバレになるのでいいませんが、となりの人が、やたらと泣いているのが気になり(まあ、そういう劇なんですけどもね)

終わった後、話をしているのをきくところによると。演者のお母様だったみです。息子が頑張って演技しているのをみて、感極まり感動して泣いちゃったらしい。

内容は、まあ、あの、ちょっと暗い感じではあるのですが、少年の葛藤と成長を描いた物語です。

夕方には地元にかえってきて、買い物をして、なんだかんだとしていたら、8時くらいになり。そっから会社へ、
モモンガの世話をしにいきました。

帰り道にみた月が、うすらぼんやりとしていたのですが。

なんとなく月と、今日の劇の内容を思い出すと、アンニュイな気持ちに。


ときどき、結婚って、夫婦ってなんなのかな。恋愛ってなんなのかな?と思うわけです。

人を愛せることは、素晴らしいことです。

でも、なぜかいつの間にかすれ違いがおきたりします。

この年になっても、やはりいろいろ謎で、もっと若い時には、これでもプロポーズを何人かの人にされたわけなのですが。

どうしても結婚する気になれず。その決断を間違いだったとはちっとも思ってはいないものの。

ある意味人として、欠落している部分があるのかもしれないなあと、思ってしまう。

普通の結婚はたぶんしないだろうと、私は思っています。

たくさんのことを、一度にできるほど器用ではなく、勢いで結婚できるほど、若くもないからかもしれません。

それでも、今の自分が不幸なのか?というとそういうわけでもなく。

普通に、人を好きにもなるし、愛することもできるのですが、

家庭にはいり、主婦をして、旦那さんや子供のために、日々を過ごすという自分が、ちっとも想像できません。

仕事になると、思いのほか強く、使命感に燃えているのですが、恋愛となると、どうにも燃えにくい。

周りの既婚者が、ちっとも幸せそうにみえないとか。

周りの男性陣が、さほど家庭的ではないというのにも原因があるような気がする。

女性は 両目をつぶっているうちか、両目を開ききった時しか結婚する気にならないそうで、
片目をひらいてしまうと、なかなか結婚できないそうです。

みなさん意中の女性がいるのでしたら、両目をつぶっているうちに、アタックしましょう(笑)。

ちなみに今の私は両目を半分くらいあけたところなのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク