2012-09-08(Sat)

北へ 釧路への旅

現在、釧路にいます。

大阪の古芝さんにさそわれて。半年前から計画していたのですがとうとう、初めての釧路です。

今週は前半は東京にて、事務処理におわれていました。

火曜日の夜は、墨田同友会の正副支部長会議

今回は緩く話しあい(笑)。

終了後は近所の秀吉という伊達地鶏のお店にいきました。

そして水曜日。木曜日は金曜日から釧路にいくので、結構みっちりと事務仕事。

今週は週初めに、N社さんの新規案件がきまったので、その件でこまごまとした段取りなどもあり、
忙しかったです。

そして、とうとう金曜日朝、羽田空港へ。
大阪からくる古芝さんと、羽田で合流し、一路釧路へやってきました。

ana

目的は、地域間連携を進めるため。釧路同友会でおこなわれた、第29回北海道研究集会に参加するためです。

北海道は同友会活動が盛んで、4000社以上の会員がいて、しかも郵便局や大学まで会員さんだってりして、本州とはまったくもって熱さが違います。

会場は釧路プリンスホテル。 参加者は604名。すごいです。

bunnka

私は第8分科会に参加しました。 10名のテーブル北海道以外の会員はもちろん私一人です。

大変有意義な連携における意見交換ができたと思います。

そして懇親会も会場はすごい熱気につつまていました。

そして翌日の本日。
朝から、日本唯一の海底炭鉱である 釧路コールマイン社の見学会に参加。

はずかしながら、日本で実際にまだ、炭鉱が稼働しているのをしりませんでした。
syugou

普段は工場見学などはもちろんうけいれておりませんが、今回は同友会のイベントということで、
海底炭鉱へもぐらせていただくことに。
大変厳しい規制があり、(炭鉱内部にはガス爆発などの危険もあり。携帯もビデオも持ち込みはNG。服装も、防爆処理のされたものにすべて着替えます。

※現在は2年間無事故。とはきいていますが。やはり緊張がはしります。

人車とよばれる、電車のようなものにのりこみ。地底へ。
昔は、かなり大規模な採掘をしており、この人車にのりこみ、3時間かけて、地底を移動し、採掘をし、またかえってくるという大変な労働条件のもと、何万もの人が働いていたそうです。

この採掘場は以前廃坑の危機にあったのを、現在は、数年前に、釧路の50数社が出資し、協同出資会社になっています。つぶれてしまうと地域経済への影響が大きすぎるということでそうなったそうですが、現在年間55万トンほどの採掘がおこなわれています。

sekitann

そして現在でも約250名の工員さんが、3交代で本当に採掘をしている、貴重な場所でもあります。

見学させていただくのは、リアルな採掘現場の最前線です。

地底はひんやりと涼しいのですが、やはり何とも言えない圧迫感がありました。
写真がとれていないので、臨場感をうまくお伝えできませんが。とにかくすごくて、感動!の一言でした。
そして、この環境において、働いておられる皆様の、苦労。努力には頭の下がる思いです。

また海外に安全で効率的な、日本の採掘技術を伝えるため。研修センターがあり。ベトナムからおおくの
研修生がいますが、この取組が始まるまえ、ベトナムの炭坑では年間数千人の方が、事故で死亡されていたそうで、数年かかってこの研修が徐々に実を結び、海外の炭坑技術の発展にも、大変な成果を上げているのだそうです。

地底には人車で5分ほどで、一番浅いところにある駅のような場所につきます。
そこから、採掘のされている作業現場までは角度5度くらいの緩やかな坂を約1kmぐらいのぼります。

でっかい専用の掘削機がすごいスピードで石炭の層を削り取り、ベルトコンベヤに積み込まれ、
その様子を本当に5m程度の距離からみることができ、感激の一言でした。

お土産に、掘削されたばかりの石炭をもちかえりました。黒く光る石炭。
なんだかすごい宝のように感じます。

日本の素晴らしい掘削技術や、炭坑のもついろいろな社会的意義を目の当たりにした一日でした。

地上にもどると、汗だくで、圧迫感から解放されて、なんだか一気にすごい疲労感を感じましたが、
こういう機会にめぐまれたことに心から感謝しました。

そしてその後、いったんホテルにもどり昼食をとるために、近所の市場のようなところへ
ごはんを購入し、「勝手丼」とよばれる方式で、市場で好きなネタをのっけます。
katte
新鮮な魚介類 これで1200円です、安い!

そんで勝手丼を堪能したあとは、釧路にきたからには、そう「釧路湿原」タンチョウの飛来地としても有名です。

その釧路湿原にいくことにしました。
kusirosi
 
素晴らしい景観に、圧倒され、またまた感動!!

遠くに、渡らなかった タンチョウを一羽発見することもできました。

本当に素晴らしい体験で、釧路が本当に好きになりました。

またいつか必ずきたいと思います。

明日、日曜に羽田に戻る予定です。
明日は少し時間があるので朝から、釣りに連れて行っていただける予定なので、
がんばって釣りをしたいと思います。

次回のブログでは釣果報告ができるようにがんばります(*^_^*)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク