2015-01-07(Wed)

延岡の夜は賑やかでした。

さて第二弾、延岡レポートです。

昼過ぎに延岡に降り立ちました。半年ぶりですね。

とても暖かく聞いた話では最高気温が19度と春みたいな一日でしたよ。

まずは、宮崎にきたからには食べとかないといけないです!

チキン南蛮です。
延岡の名店、直ちゃんにて。

ここは、実はタルタルではないのです、甘酢です。でも個人的にはとても美味しくオススメですよ。
昼時はならんでいるので、1:30くらいに行くのがオススメです。
駅から徒歩3分くらいの場所にありますが少しわかりにくいので、事前に調べてから行ってみてね。

0107-1


そして、駅前の高田万十店にて、おやつに、コイツを購入。
おばあちゃんが焼いてます。
具が、ハムとマヨネーズ入りの、ハムタイと呼ばれるものがあったりして、
九州では、そんな具が!とおどろいたのですが、おもしろいなあ。とも思います。

0107-2


食べてばっかりじゃないか?って?
いやちゃんと、打ち合わせもしましたw。

夜は、延岡チームOXのみなさんと、ちゃんこ屋さんで新年会w

0107-4

みなさん、賑やかでおもしろいなあ。

二次会は、オシャレなBARでカクテルを飲みながらさらにワイワイ、素敵な時間でした。

0107-5


さて、ホテルの待ち時間、サライを読んでいたらこんな特集でした。

日本の憲法の成り立ちについて。

0107-3

みんなしってる、聖徳太子の 憲法十七か条について。
日本書紀にその内容がしるされているそうですが、中身をじっくりみたのは初めてかもしれません。

7世紀の話なので、1500年くらい前のことなわけですけども。

じっくりみるとなかなか面白い。

日本国憲法は世界でも珍しい、平和主義を成文化したものですが、
それ自体は、敗戦を教訓にして作られたものだということは皆さんご存知の事ですね。
でもずっと昔にできた、この憲法十七か条を見ると、聖徳太子というのはやはりすごい人だな!と
思わざるを得ません。

一番目の

和を尊び、逆らい背くことなく論じれば、必ず成就する。

十番目の

皆、聖者でも愚者でもない。人が自分と違っても怒ってはならない。

十七番目の

物事を単独で決めてはならない、必ず衆人と論議せよ。

などは、とても深い言葉ですよね。
また、その他においても、非常に理にかなった内容になっていて、
さらにシンプルでわかりやすいのが素晴らしいではないですか。

本来、日本が和を大切にしてきた、話し合いを持って政治を進めてきた
ということがみて取れます。

その後戦国時代などを経て、力 での政権からか、明治以降間違った方向へ進んでしまったわけですが。

現在、またそれが揺れ動いています。
これはやはり由々しき事態です。

この記事をみていろいろと考えさせられたのでした。

皆さんはどう思いますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク