2015-01-08(Thu)

天孫降臨 天岩戸神社と小倉

宮崎の二日目は、泰誠工業の柳田社長ご夫妻がナビゲートいただき、
憧れの地、天岩戸神社へ行くことが出来ました。
0108-1

あの天岩戸ですよ!日本書紀などにのってるアレです。
天岩戸を祭るのは天岩戸神社



天照大神は素戔嗚尊から責められて天岩戸に閉じこもってしまった(いまでいうところの、引き篭もり状態w)
おかげで、日がささなくなってしまいます。

これは大変だと、天安河原に八百万の神様が集まり
「どうする?」と相談、天鈿女命が天岩戸を見下ろす高台で面白可笑しく舞って(これが神楽舞の発祥と言われる)
おびき出す作戦が決行されて、天照大神は
「なんだ、なんだ?」と天岩戸をちょっと開いて外の様子を伺おうとしたのですが、
「よし、きた!」とばかりに、その隙間をエイヤあ、と手力雄命が力でこじ開けます。
その、手力雄命にちなんだお守りゲット
0108-4

その時の扉が戸隠村(現在の長野県にあったとされる村)と、阿波岐原(宮崎県日向)に分かれて飛んで行っちゃうほどの怪力だったとか。

ところで、この天岩戸、現物を見ることができない。あまりの断崖絶壁で、地元民や神社の人でさえみたことがないという不思議なもの。


社屋の奥から、あの辺りにあると見ることはできるのですが、茂みに覆われ、現物は見えないのであります。

それでも創世記のロマンを掻き立てるには充分ですね。
秘すれば花とはこういうことかもしれません。

実際に見ることができるものとしては、八百万のかみさまが集まって相談したとされる
天安河原がありますが、行けばわかりますが、なんとも雰囲気のある洞窟です。
正直、ちょっとゾクリとするような場所。
0108-2
写真は河原へ向かう途中のパワースポットといわれる太鼓橋です。
水は清く透き通っておりました。

それ以外にも高千穂エリアには、霊剣あらたかな、高千穂神社や、勝負の神として有名でキャンプ地としてもなおはせる宮崎県ですので巨人軍の監督なども参拝するという八大龍王水神社など、多くの社寺が点在しており、
いずれも天孫降臨に相応しいこじんまりながら、神聖な気に溢れた社寺を見ることができます。
0108-3


そんなこんなで大変楽しい下見でしたが、本番は2/22オプションツアーが大変楽しみですね!

21日には延岡鉄工団地さんの見学会もあります。
正式な告知オープンは16日頃の予定ですのでよろしくお願いいたします。


さて、今年モノヅクリンクは2月延岡のあと、6月は東京で、10月が北九州なんです。

ということで、昼過ぎに延岡にもどり、そこから小倉へ10月の打ち合わせをするために移動しました。
同じ九州といえども、実は宮崎県と福岡県というのはすごく時間がかかります( ̄◇ ̄;)

延岡から小倉にはなんやかんやで4時間はかかるのですよ!

まず、延岡から にちりんに乗り込み大分へ向かいます。ここまでですでに2時間かかるのですが。
そこからソニックに乗り換え小倉へ。

なんやかんやで打ち合わせをする、朽網(北九州空港の近く)へ到着したのは16:30を回った頃でしたが、
陽和さんにお邪魔しました。相変わらず素晴らしく美しい会社なのです。

なんやかんやとお話をして、10月の話を詰めてきましたよ!
0108-4
お世話になり、ありがとうございました。

10月もとても楽しみです。

昨夜は小倉駅前に宿泊し、ただいま東京へ向かう新幹線車中です。

昼過ぎには東京へ戻る予定ですが、今日はまだまだ長い一日になりそうですね(;^_^A


楽しい九州紀行はこれにて終了、明日からは東北、仙台へ移動しますので一転して
仙台の新しい拠点などをご紹介させていただく予定です!

ほんじゃあまあ、みなさん風邪など引かないようにね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク