2015-07-09(Thu)

定時総会で岩手へ 「中小企業振興基本条例」について

今日は、上野から岩手へ

そういえば、上野駅は、宮城フェアやってましたよー。

0710-1


それはさておき、同友会の定時総会で岩手へきました。参加者は約1000名だそうです。
私は第10分科会

中小企業振興基本条例についての分科会です。
0710-2

中小企業振興基本条例ですけれども、知らない人のが世の中には多いと思います。

かくいう私もしったのは、墨田区にきてからです。

と、いうのもこの中小企業振興基本条例に関しては墨田区は最先端をいってます。

昭和54年(1979)に全国に先駆けて条例が制定されたエリアですから。

世の中では、この中小企業振興基本条例が今、流行っているというか、去年できたとかこれから作ろうとしている。

という中での昭和54年はいかに凄いことなのか、お分かりいただけるかと思います。

それほど、中小企業の政策に関しては墨田区の取り組みは最先端だということで、実際、私もそう思います。
いろんな地域版みていますが、正直東大阪よりも墨田区はもっと進んでいると感じます。

簡単にいえば、中小企業政策における、経営理念みたいなものです。

そしてこれは継続は力なりという言葉もありますが、
作ったからといって何かが急に変わるなんてあり得ないことで、
条例を何十年も前に掲げ、一歩づつそれに向かって、地域として歩んできた結果なんだと思います。


しかし、今日同じテーブルになったみなさんは、九州や、京都、岐阜、埼玉、秋田など
バラエティに飛んでいましたが、できちゃった婚ならぬ、
できちゃった条例が横行しているというのが現状であります。

これは、何のために条例をつくるのか?
がいまいち理解されていないまま、流行に乗り遅れるな、的な匂いがぷんぷんします。

第一、世の中の中小企業はおろか、一般人に至っては、この中小企業振興基本条例がなんなのか理解されて
いないわけですから。


もっと根本的な問題です。


3Sもですけれど、何のためにそれが必要なのか?理解していないのに、
本当にいいものが作れるのでしょうか?


ちょっと前の、大阪の投票で、街頭インタビューに答える市民のバカな答えに
・地名がなくなるのが嫌だ
・サービスが悪くなりそう
・よくわからないから


なんて理由で反対したという、若者やおばちゃんが映し出され、もと大阪府民として、正直ね、
殺意を抱きそうになりましたが、そん時のことをふと思い出したのでした。



あほか!
もっとちゃんと考えろよ!といいたい。


知らないということは罪であると私は思います。
一人一人が、この国の未来を考えることを絶対に放棄しないこと。

子供にもそういう大事な事をちゃんと教えること。


世界を作るのは人である以上考えることを放棄してはならない。
それは地球に住まう全人類に課せられた課題だとおもいます。

熱くなりすぎた、、、、けど、本当にそう思ってる。



深い学びをありがとうございました。



で、懇親会、大盛り上がりで、お料理も美味しかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


0710-3



今日は仙台の自宅へ。



久しぶりの方にもたくさんおあいできて楽しい一日でした。

明日は仙台でお仕事です!


私も世界を担う一員として、地道に頑張ります( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク