2015-07-15(Wed)

久しぶりの大阪です。

今日は仙台から大阪へきております

それにしても、夏日ですね〜。

飛行機から撮影した空が、メッチャ夏の空でしたよ。
0714-1

昼過ぎに梅田について、今日はTさんとランチ女子会でした。
野菜のしゃぶしゃぶ美味しかったですよ。

お土産にいただいた、ブリザードフラワーのバラ♥︎
素敵なプレゼントありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
0714-2

二時間ほどお話しして、そこから久しぶりに、三協製作所へむかいました。
ほんとに久しぶりでw。

昔馴染みの社員さんと話が弾んで楽しかったです。

あ、本屋さんで気になっていた本を見つけました。
早速GET!

菜根譚は、いまから400年くらい前にかかれた書物
洪 自誠 の著書です。

ちなみに、菜根譚という名前は、
本当に菜根からきていて、

堅い菜根を噛みしめるように、苦しい逆境に耐えることが出来れば、人は多くのことを成し遂げる

という意味だとか。なかなか面白いタイトルですよね!

0714-3

ちなみに内容は、儒教、仏教、道教をMIXした、結構フリーダムな感じの処世術について
書かれた随筆といわれています。

前から、へえ、そんな本あるんだと思ってはいたものの、たまたま入った大きめ本屋さんで棚にあって
おお、これか〜と。流石に原文は漢詩なんで、、、ちんぷんかんぷんなんで、現代語訳です。


中身は、とってもシンプルですね。

なんていうか、ゆるっとしています。

心豊かに、生きるコツみたいなものがちりばめられています。

また、それだけではなく、幅広い分野においての事象へ言及してます。

部下への接し方。
リーダーとは?
困難に直面したら?

とか。。。


なかなか味わい深いです。

例えば後集58番にはこのような言葉があります。

熱閙中、着一冷眼、便省許多苦心思。
冷落処、存一熱心、便得許多真趣味。


ざっくりとした意味は

「忙しい時ほど冷静になり
暇な時には情熱を持つ」

だそうです。
仕事へ取り組む姿勢をといている感じですかね。

田中角栄なんかも愛読していたそうですよ。

言志四録とならぶ中国古典の名書といえるとおもうんですが、
なかなか読む機会はなくて。

なんやかんや言うても、やっぱ言志四録とか、論語なんかがメジャーですよね。


せっかくなんで、じっくり読みたいなと思います。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク