2015-08-17(Mon)

お盆後半の話 主に山形での出来事まとめ~。

お盆も終わりですね。。。。

まだ熱い日が続く中、グロッキーな人もいるかもしれませんね。

川端のお盆後半戦のレポですw。

今年はお盆は、ほぼ東北にいたわけですが今回のブログ 長いですが張り切って書きますw。

まず12日ですね、とりあえず蔵王へ向かいました。
蔵王はなんとなく、山形?と思いきや、実は宮城です。
車で高速だと1時間ちょいでしょうか。
節約のため、下道286号線をえっちらおっちら、、2時間くらいで到着したのは まずはこちらの、お蕎麦屋さん。
名代 蔵王そば「新楽」さんです。冷やし鴨そばいただきます!
0816-1
蕎麦は太めですね。 そして付け出汁は 甘めではあるのですが、特徴として、鴨肉とキャベツがタップリ!
で、食感がいい。 付け出汁の中にキャベツって斬新だなーとおもったけど、コレ、ありですね!おいしいです!
オススメですよ~。お店は小さいので、シーズンによっては人がいっぱいかもです。

そして腹ごしらえのあと、今回のメイン(いきなりメインw)
蔵王お釜へと向かいます!

山道を進むこと、30分くらい?
到着したら、薄曇りだったこともあって、さ、寒い!!
まあ、標高1700くらいありますんで、普段でもひんやりなんだとおもうんですが、
もちろん半袖だったので、ふわあああ、さ、さむううう(◎_◎;)な私でありましたが、来たかいあった!
とても神秘的です。素晴らしいです。

0816-2

この、お釜は、世界でも類を見ない(ここだけ!)水温は表面から10数mの深度で摂氏2度まで下がり、
それより深度を増すと温度が高くなる特殊双温水層のカルデラ湖です。
※厳密には、周長が2km以上ないとカルデラ湖とは言わず、火口湖らしいけど。


なお、強酸性で生物は住めないらしい、ph3.5だから、、、、 なんか怖い。

ちなみに、活火山で26回噴火しているそうです。

最近では、明治28年、大正17年(1918)に小噴火、さらに江戸時代1600年くらいにでっかい噴火。


0816-3
その時の民衆の苦労を悼んで、伊達宗高公(政宗の第7子で、この付近にあった村田城の城主)が祈願したという石碑があります。宗高さんは20歳で病死してます。(早死にですね)

御釜自体は、1182年(養和2年)の噴火により誕生し1820年(文政3年)以降に水が溜まり始めたと推定されているとの事

…なので、宗高が、火山の鎮静を願い登頂したときにはまだ、湖なかったって事だよね?
この特殊な湖はまだ、歴史が浅いってことになりますなあ。でも湖畔の水は生物を寄せ付けない酸性湖。
エメラルドグリーンの湖面の近くには現在では規制も厳しくなったのか近づけません。(去年の御岳さんのことがありますしね)

ですが、仙台の人に聞くところによれば、何十年か前はすぐそばまで行けた模様。。。

さらにさらに、現在少し活性化しているらしく、湖の底から蒸気というか、温度上昇している個所が数か所あるらしいです。
それにしても、震災以降、やはり火山は活性化傾向、富士山もだし、昨日は鹿児島の桜島も警戒レベルが引き上げられましたからねえ。

でも夏の熱い日、涼むにはもってこいの場所であることは間違いありません。


その後、お釜を後にして、今晩の宿泊地、山形へ向かいました。
すこし早めについたので、せっかくだし!ということで、山形城跡へ。

東大手門前には、このお方、 最上義光さんが、ドドンと鎮座です。

このお方、戦国ファンにはなじみあるお方ですよね?
伊達政宗のおじさん(母方の兄)にあたります。

最終的に政宗とは仲悪し(お母さんが政宗を殺そうとしていた話は有名なので端折りますが・・・)

それにしても、なかなかの人物であったことは確か、今の山形の町の原型を作ったのがこの方
名君と呼んでいいと思います。
0816-4

こちらが、東大手門。
0816-5

その真横には、美術館に並んで、最上義光の記念館までありますが、無料で、結構見ごたえありますので、
オススメ!山形の歴史をしっかり勉強できますね。
0816-7


この日は、実は初めての経験がいっぱいだったのですが、初めて、ゲストハウスなるものに宿泊しました。

この記念館の本当真裏くらいの距離にあるのですが、ゲストハウスミンタロハットさん、朝食ついて3000円と激安。

でもとても清潔で素敵な宿でした。部屋も個室だし。
なんといっても夜が、宿泊者は常連さんが多数おられるようで、みなさん1泊ではなく数泊、人によっては1か月くらいいる人も
いるようですが、夜近所の人なども集まり、持ち寄りで宴会が始まるという! つまり晩御飯などもみんなで作るので、実質ついている感じなんですよね。
面白い。オーナーさんがとても良い方で、なんかこう常連になるのわかりますね!
で朝も、食材は好きなものを使って各自調理するんですが、なかなかこれも楽しい。

初めてあった方と交流しつつ、作って食べる。なかなかいい。
でもゲストハウスでもこういうのは珍しい!とのこと。

機会があれば、ぜひ。駅からは徒歩10分くらいかかりますが、絶対的にオススメ
ただし一人が好きな人や、夜は早く寝たいかたには不向き。毎日12時ちかくまで、ワイワイと宴会が催される
不思議空間でしたよ。

で、夕食を頼んでいなかったこともあって、夜は実は進められて、まずは軽くご飯を食べにでました。
その前に、絶対に見ておくべき!といわれたのが、こちら、山形県庁の旧県会議事堂だった重要文化財
いまでは貴重なレンガ造の大正ロマン漂う建築物で、現在は博物館になっています。
夜はライトアップされていて、さらに情緒が漂う素敵な場所になっていました。
0816-8

そこから、また5分程度あるくと、繁華街にでるわけですが、宿の方に進めらえた、屋台村へむかいました。

7件くらいの屋台が並ぶのですが、その中の一つで、いただきます。

山形といえば、コレですね、 出羽桜!(このお酒、実は昔から大好きです。 フルーティーでとても飲みやすいです 女性にオススメします)
0816-9

冷でいっぱいやりながた、あてはイカワタの炙りなど~w
いやあ、日本酒に合うねえ。うまい!

0816-10

軽くほろ酔いで、宿にもどるとリビングに人がいっぱいで、ワイワイと雑談に花を咲かせた夜でした。
お世話になりました皆様、ありがとう!


そして、翌日は、30分ほど車を走らせ、こちら、天童駅へ
天童といえば、将棋! それ以外の説明はいらぬ!

将棋のコマの大産地ですということで、駅の中に将棋会館があるのです。
博物館で、将棋のコマの歴史が学べます。マニアックですが、すごくいい!
面白い。

インド発祥の卓上ゲームが各国にわたり、チェスみたいなもになったり、将棋でも日本、韓国、中国などで独自の
深化を経て、今の形になっているわけですが、日本の将棋も平安のころは、もっとコマが多い100個くらい手持ちコマがあるわけで
すよ。この遍歴などが学べて面白いですよ!

興味深いというか知らなかったけれど、このコマ、もとは、織田家の持ち込んだ技術だそうです。
織田家が、この山形の地へ転封になったことがきっかけで、このコマづくりが 始まったそう。
それが、戦争特需(戦地への娯楽の一環)で一大生産地になったというのは皮肉なことではありますが、
将棋自体が、戦うゲームですから、ちょうどよかったということなのかもしれませんね。

そして、いつか人間将棋も見てみたい!と思いました。
将棋といえば、漫画「3月のライオン」でもこの天童のことがでてきますが、その場所にこれて感無量です~。
0816-6

満足した私は、そこから、もっかい山形へ。
山形といえばもう一個わすれてはなりませんね。、こんにゃく消費日本一! たまこん大好き!
というわけで、こんにゃく専門店へ。

こちらで千歳山こんにゃく店にて、少し早めのランチです。

0816-11


それにしても、このこんにゃく定食が600円安い!そしておいしくヘルシー!こちらも、女性にオススメですね!
0816-12



そんで、2日目のメインへ向かいます。

一路、米沢へ!

毘の旗がたまらん! 米沢城跡!!!
そして、上杉神社!

上杉といえば、謙信!!なんですけども、ここのお城というか米沢の城下町はいろいろ遍歴もあり、
この地の基礎を築いた人は何人かいるのですが、まずは、伊達晴宗・輝宗・政宗の3代が米沢の城下町の基礎を
作り上げたといわれています。(もとは鎌倉時代から、長井氏の居城だった)

※その後1591年に秀吉からの命令で、政宗は岩出山城(陸奥・現在の宮城県大崎市)→仙台城となります。

伊達氏に代わり、この米沢にきたのが、蒲生氏 しかし蒲生氏がここにいたのは、たったの7年で、
1598には上杉景勝(謙信の養子で、甥にあたる)の居城となるわけです。

米沢といえば、やはり上杉のイメージが強いですよね。
ここで、出てくるのが、数年前の大河ドラマ 天地人でもおなじみの、直江兼続だったりします。
あと漫画でおなじみの、前田慶次なんかもゆかりの地になりますね。

そんなこんなで、謙信の遺骸などが、米沢城内に祀られていたそうで、そこから、上杉神社がここにできた(明治)そう。

0816-13

というわけで、ここは、おみくじをば・・・・。

やったー大吉GET!!

0816-15

そして、上杉で忘れてはならないのが上杉13代の10代目にあたる、稀代の名君として名高い、上杉鷹山公ですね。
ということで、かのケネディが 日本で最も尊敬する人物といったのは有名すぎるお話ですが。

経営者ならば、上杉鷹山公にあやかりたい!
というわけで、色紙買いましたw

鷹山公の銅像の横にある、名言色紙です。

為せば成るの、元といいましょうか・・・・

「為せば成る
成さねばならぬ何事も
成らぬは人の
成さぬ成りけり」

早速、自宅に飾ってますが、いい感じですw。

0816-14


ちなみに、この為せば成る・・・・ですが、
武田信玄が詠んだ和歌をもじったのでは?が有力説らしいですよ
ちなみに、信玄が詠んだとされるのが以下になります。

「為せば成る
成さねばならぬ
成る業を
成りぬと捨つる
人の儚さ」

この歌を好きだった(のではないか?)、鷹山が家臣に教訓として言ったというのは、なかなか面白いですよね。

だって、上杉と武田はもともと、犬猿の仲だったわけで、その武田の歌を引用し、家臣を諌めたというのは
上杉鷹山の懐の深さというか、人間のでかさみたいなのを感じます。

またたいへんな勉強家であったのがうかがい知れます。

補足として、こういった言葉はほかにもあり

精神一到何事かならざらん  朱子
一念岩をも通す
雨垂れ石を穿つ
etc

英語ではリンカーンの名言
Where there’s a will,there’s a way  (意志あるところに、道は拓ける)

などがしっくりくるような気がしますね。



そんなこんなで、お盆 山形紀行は終わりw。

なかなか実り多き旅でした。

ええとこなんで、ぜひ一度いってみてください。

月曜からお仕事がんばります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク