2015-09-24(Thu)

大阪、東京、そして仙台へ&読書感想文二本立て

シルバーウィーク後半、まずは大阪の実家へ戻りました。
といってもまあ、とくになんかしたというわけではないんですけどね。

そこそこ天気も良かったので、京橋のお気に入りのイタリアンのお店でランチなどをした後、
腹ごなしに大阪城まで歩いて散歩してみました。
0921-3

いつきても、大阪城人がいっぱいですね。
来年の大河ドラマに向けてとっても盛り上がっている様子です。
外国人観光客もとても多い。
地元なので、大阪城には沢山思い出があり、年に数回はきますが、ここ数年は本当に賑やかだなーと
思います。

お堀周辺をのんびり食後の運動にはもってこいです。
そういえば、屋台フェスなるものが開催されていました。
とにかくすごい人で、横目に通り過ぎました。


翌日、大阪から東京へ一旦戻り、仕事。
デスクワークなかなか進まない。。。(>人<;)

あ、大阪東京間で一冊文庫本を読みました。

今度映画化もされるようですね。
「ボクは坊さん」
0921-4

24才でお坊さんになった、実話なので、なかなか興味深くもあり、さらっと読める一冊だと思います。
映画も面白そうです。

なんていうか、お坊さんも、一人の人間。
お坊さんになるまでの、何処にでもいる青年の青春群青劇とでもいうのかな?
おバカな感じなのに、その成長過程が爽やかで面白い。

そうなんだー!とおもったのは、お坊さんになるときに、名前を変えるために簡易裁判所へ行くという下り、
そうなんだ、お坊さんって名前本名から変えるんだ〜と初めて知りました。
独特な世界観と、お坊さんらしからぬ?緩さがいい一冊です。


そして最終日も仕事、、、、。うう、おわんなかったよ!

でも時間が〜ってことで、今度は最終で東京から仙台へ。

仙台の自宅へ戻ってきました。

明日は朝一で岩手入り。
早く寝ようと思います。


東京仙台間の図書はこちら
「幸せの条件」
0923-1
農業女子がテーマです。

でもっと何かこう、ベタな農業に憧れた女子な話かと思いきや、全然違ったw。

ヤル気なしなしの東京の中小企業に勤める、落ちこぼれOLが、
ワンマン社長に命令され、長野へ嫌々行かされて、、、、


震災、放射能汚染、農業、国内自給率、休耕田、バイオマスエネルギー、
中小企業のおっさん、理系女子、不法投棄、なんかがごちゃ混ぜなのに、
読み終わると、何かこうシックリと纏まっている。

そして、泣かせるとこもしっかりある。
片山社長が、主人公をクビにするシーン
「きっちり恩に着て、謹んでクビになりやがれ」
にはジーンと来るものがある。

恋愛要素も微量にあったりして、、

でも私は個人的になんかこう、自分に重なるところがあったかな。
本当にワンマン片山社長がいい味出してますw。

主人公が、ラストに向けて、どんどん魅力的になっていくのもいい。
最後の最後のセリフがとてもいい。

そこそこボリュームある一冊なのですが、思ったよりもサクサク読めるいい本です。


人生というのは、とても不思議で、いろんな出会い、出来事が複雑に絡まり合って
最終的にいい具合のところに落ち着くようになっている。

良くも悪くもそう思う。

私が言えるのは、素直が一番いい。という事。

ついつい、いろいろとカッコつけたり、反抗したくなったりするもんだけど、
私が仕事をしていてもいつも感じるのは、素直な人、会社はやはり良い!

人のアドバイスを素直に聞ける。
というのは其れだけで何事にも勝る能力であり、美徳である。

出来ることを出来る。
出来ないことは出来ない。
知らないことを聞ける

など、つまり

ソクラテスのいう、無知の知というものです。

また論語でいうところの
知之為知之、不知為不知。是知也。
(知るを知ると為し、知らざるを知らずと為す。是知るなり)


大人になるとなかなか、そういう風に素直になれなくなりますが、、、
私などは、たまたま何も知らずに製造業の世界へ入ったものなので
知らないことしか無かったw。

おかげで、恥ずかしくもなく必死であったと思います。
これが工業高校や、商業高校を出ていたら、やはり恥ずかしく思ったことでしょう。

なにせ、小切手と手形の違いも知らず、図面がなんたるものかもわかりませんでした。
そもそも、プレス機を入社後初めてみたし、金属に鉄やステンレスなどたくさんの種類があることすら
理解していませんでした。

理系女子でもなく、文系でしたので重量計算をするときに比重表を出されても、
なぜ鋼材によって比重がかわるのか?
理解できなかったぐらいですw。

知らないことを知るというのは、楽しいことであり、幸せな事です。
素直に生きていると、いろんな人がいろんな事を教えてくれます。

誰だって、一生懸命、教えを請う人に、一生懸命教えたくなるものです。


何歳になってもそういう初心を忘れず、素直に学びたいものですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク