2015-10-12(Mon)

宮城3Sラボ〜大阪サミット〜指針会議までの流れ

まずは、金曜日の話から。


金曜日は東京から仙台へ移動しまして、
宮城3Sラボの定例会でした。

今回は前回の課題、マインドマップをまずは、他のメンバーに説明するところから。
みんなで作ってきたマインドマップを貼り出して、細かく分析中。

カラーセラピーや、時間軸などを重ねて分析すると結構いい感じに面白い結果が浮き出てきていましたw。

みなさんすごくしっかり解説してくださって聞いていて面白かったです。
1010-6


そのあと講義テーマは問題発見能力についてと、なぜなぜ分析ではなく、どこどこ分析を。

どこどこ分析はドコドコ分析としたほうがなんか可愛いかもしれない。
まあ、可愛い、可愛いくないはおいといてw。

なぜなぜ分析はみなさんご存知のアレですが、今回は、どこどこ、、つまりwhereですね。

ここでいうどこ?は場所じゃなくて、全体像の中においての何処?
なのでいうならば真因(本当の問題は何処なのか?)を探ろうという取り組みです。

ということで、真因を探るには、とりあえずヒアリングをしっかりすることが大事だと私は考えていますので
ヒアリングのススメ!と題しまして、ヒアリングのコツ
なぜヒアリングをする方がいいのか?
ヒアリングをするときの注意点など、対話にスポットを当てての定例会でした。

具体的には、改善を重ねていると最初はとにかく、まずはトライ!ということで問題解決に
むけて取り組める、しかし気がつけば解決したはずの問題が再燃している。

もしくは仕組みがなぜか全く機能していない。

そんな経験誰しもあると思います。
私もあります。

それって、結局なぜそうなるんだろう?

ということをみんなで分析します。

そのとき、なぜ?だけだとその問題に対しての原因は特定できるかもしれませんが、
もっと根深いところの、組織全体における問題にたどり着くのは
少し難しいと、私は感じているんです。

なぜ型追求方式で、その問題はある程度解決できるが、横展開したり、表面化していない問題を
見える化するためには結局のところ、私はヒアリングしかないと思っています。

もちろんいろんな要因を挙げ、そこから原因を特定し、手を打つ手法はたくさんありますので、
私が知らないだけ。かもしれませんが、そういう手法にしても結局は本音で話し合えていなければ意味がありません。

まずは風通しの良い言いたいことが言いやすい組織の雰囲気作りが最も大事だと思います。

とはいっても、一社員だった私の感覚から考えても、それはとてもハードルが高いことだと
思います。

言いたいことがハッキリ言える能力は、ある意味諸刃の剣のようなもの。
さらに、人間関係を崩さずにそれが出来る人はごくごく少数です。

匿名性の投書箱(目安箱)であっても、大規模企業ならともかく、30名程度であれば
誰が投書したのか?バレる可能性もあります。

ですから当たり障りない意見ならいざ知らず、本音というのはそうそう簡単に経営層に伝わるわけがありません。

いつ、クビになっても構わない!
もしくは、KY(空気読めない)じゃなきゃ、そんなの無理。

実際、企業さんにはいってヒアリングをしている中でもですし、コッソリ相談メールをいただく方もたくさんいますが
みんな同じようなことをいってますからね。

うちの社員さんはみんな結構言いたいことを言いますよ。
という経営者さんもいるかもしれませんが、
そういう経営者さんの話は私、「いや、あんたが何もわかっとらんな。」と思うようにしています。

実際、そういう会社ほど、マジかー?!Σ(゚д゚lll)っていうぐらい
社員さんの本音がブラックだったりもしますからね。

年間何百人という社員さんにヒアリングする私がいうのだから、これは事実です。

もちろん全部がそうだというわけではありませんし、
いい会社もいっぱいあります。

ちなみに、ヒアリングをしても社員さんには、絶対に内容はもらしませんよ。

と約束していますから、最後に社長さんへ総括をまとめてお話しはしますが、
個人的な内容は100%秘密厳守。

みなさん、世の中には知らない方がいいこともたくさんあるのが事実ですからねw。

え、いってること矛盾しまくりですよ?!と思うかもしれませんが、
本音を聞いて、最適化するためのきっかけを作るのが私の仕事です。

最適化が進めば、自然に言いたいことが言える仕組みが出来上がっていく
あくまでも理論的に、そして仕事としてそれが出来るのが理想的だ。と私は思います。


さて、話しがそれました。

とにかく今回の講義は再燃した問題をあらいだしてくるのが課題です。


せっかくなので、こちら今回のホスト、日の丸ディスプレー仙台さん製作の工具ラック
デザイン系の企業さんでもありますので、細部のこだわりがなかなかいい。

全体的にスタイリッシュでカッコいい物をいつも作られるなあ。と感心しっぱなしです。
1010-7


そして今回は終了後社員さんたちだけで、来月のサミット報告の中身をみんなで話し合いました。
今回は三社で一つの枠で、統一感をいかに出すのか?
グループとあおての歩みをどの切り口で報告するのか?など、本当にとっても主体的な取り組みで素晴らしいな!
そう感じた瞬間でした。


で、全ての予定がおわり、仙台駅前にもどりまして、ご飯たべました。
六角屋さんお炙りチャーシュー麺です〜。結構あっさりしてます。
1010-1

そして、翌朝は仙台から今度は大阪へ向かいます。
旅のお供
今回は米沢名物駅弁の 牛肉どまんなか!
ひそかに?いえ、大っぴらに、川端が選ぶ駅弁ランキング、堂々ダントツ1位を差し上げたい!
くらい好きですw。
1010-4


そして、仙台から大阪へ、なんや感やで6時間弱。

この日は土曜日18:00〜来月のサミットの最終全体会議!
社員さん中心にもりあがりちゅうな様子。
1010-2

そして、集合写真ですよー!
11月7日、みなさんよろしくお願いします!
1010-3

さらに翌日、、今回日曜も祝日の月曜も川端は仕事です。っていうかカンヅメです。

でもお昼は、久々に「のらや」さんんでうどんたべました〜。
大阪ローカルなんだけど、何店舗かあって、美味しく、そして可愛い。また行きたくなる、そういうお店です〜。
1010-5

で、何をしていたか?なんですが、来期の指針作成の手伝いに来ました。
実際、私はすでに退職していて、ある意味関係ない人間関係なんだけど。

でも出来ることはしたい。

もともと、私はこの会社のために起業したから、
それはある意味今も変わらないかな。
対象が、一つの起業から、たくさんの中小企業に変わりはしていったけど、
それでも原点は大事。当たり前の話だけどね。

とはいえ、手伝いしたっていっても、要は社長が考えを活性化させる触媒みたいな事をしただけですが。
あとは毎月の会議日程などを決めたりね。

だけどね、実は久々に会社いったら、
なんか会議室ゴチャゴチャしていて、イラっときて思わず掃除しちゃったよw。
1010-8
だって会議しようとしたらまず、ホワイトボードが書く気がしないくらい汚い。
とりあえず、ホワイトボード、綺麗じゃなきゃ、ヤル気が半減だよ。

中性洗剤でピカピカにして、ホワイトボードのクリーナーが、真っ黒だったので
ご飯のあと、とりあえず新しいの買ってきた。

ああ、やっぱ新品はよく消える。気持ちいい。

まあ、三協も57期ですから(株式なるまえからだともう60年すぎてけど)
はりきっていこうじゃないの。
すくなくとも57年のうちの20年はこの会社に関わっている。

どうなるんかわかんないことももちろんいっぱいあるけど、、、。

まずは出来ることから。だからホワイトボードを綺麗にするのだって、実はメッチャ
大事なことでしょ。っていう話。

出来ることすら、やらんのはだめだ。

さあ、だから出来る事をやってみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク