2015-11-04(Wed)

スマイル0円が消えたわけ

月曜日の出来事から。


月曜日は都内でお仕事。
新宿で打ち合わせをしたり、デスクワークに精をだしていました。

火曜日は祝日でしたが、おやすみはありません。

午後一の飛行機で、羽田から米子空港へ。
1104-2

米子空港からは陸路で今度は松江へ移動です。


その日は比較的早く松江には入ったのですが、いろいろとやることもあり

ホテルに17:00ゴロチェックインのあとはデスクワークをこなして、その後は早めに就寝。

おかげで風邪はだいぶマシになりました。

実は日曜日の夜あたりから風邪?な感じだったんですが
薬飲んでも休んでないとやはり良くなりませんよね。

すっごくきをつけていたのに、軽い風邪をひいてしまいました。

で、本日4日水曜日は、朝から、松江3Sの定例会で講師、
本日の会場は、協和地健さんでした。

そして、午後からも引き続き
場所を変え、今度は意宇の会で講師をこなしました。
今回の会場は、山善商会さんです。
1104-1

両方とも、松江らしいとゆうか、時間も人ものんびりです。
次回は1月に島根にきますので何卒よろしくお願いします。
あ、新年会もあるので、今から楽しみにしていますw。

そのあと、曽田鉄工さんへ伺うことになって、夕食をガストでお付き合いいただいて、
仕事の後、ありがたいことに米子空港まで送ってくださって。

曽田社長、本当にありがとうございます。

明日は朝一、西永福にある、高千穂大学さんを訪問してきます。

そのあとも結構分刻みスケジュール。

今週は、、、、サミットありますんで、とにかくいっぱい、いっぱい(; ̄ェ ̄)

あとちょっとなので、頑張ります。

サミットでは、、、3S寸劇に川端も出演wすることになりましたんで、
お越しの皆様は是非それも楽しみにしてきてね!



今日は、ボカロについて語ろうと思うんです。

なぜかというと、羽田で、荷物を預かるサービスが自動化していたのをみたからです。

ボカロ?なにそれという人もいると思うんですが、

初音ミク(初音ミクはコンビニなどでも展開されているキャラクターですのでご存知の方も多いことでしょう。グリーンカラーのツインテールヘアの美少女)に代表される、ボーカロイドの略をボカロと呼ぶらしい。

最近、カラオケでもこのボーカロイドの歌う歌うがラインナップされていたり
知らない人は知らないが、ネット世代の若者?にとっては、当たり前になりつつあるというこのボーカロイドは、ヤマハが開発したシステムであり、歌詞と曲を作曲し打ち込めば、ボーカロイドがそれを歌ってくれる。ゲーム感覚で、音を組み合わせる感じなのかもしれませんね。
無機質な、感情的ではない歌い方が逆に味があるとも言えるし、もちろん、ボーカロイドシステムも日々進化していますので、そのうち言葉の意味から感情まで表現するようなシステムが出てこないとも言えないですね。

ま、、そこはさておきこれらのボーカロイドが歌う歌は、元はプロが作詞作曲したものではなく、限りなくプロに近い素人が作ったものであり、コンピューターですよね?とはいえ、中には何十万というアクセスがある名曲も数多く存在し、アニメ好きなら、お判りのMADと呼ばれる動画では、しばしばこのボカロの名曲二次使用されていたりするわけですね。

実際、ボーカロイドの(立体映像)を使用した3次元アイドルはライブなども行っていますので
空想の産物ではあるのですが、限りなく現実に近い、3次元アイドルということになるのかもしれません。

少し前に、10年後に消滅する仕事ランキングが発表され大変な話題になり、
国内でもそれらを各紙が取り上げて騒いでいたことは記憶にも新しいことなのですが、
アイドルさえもすでにこのコンピューターやロボットに乗っ取られつつある。
という事になります。

そういえば、グリコのアイスの実のCMに起用されたAKBの謎の新メンバーが実は
人気メンバーの顔写真のパーツ合成であった。なんていう話も一時期
大変話題になっていたのも思い出しました。

それほど、CGが立体映像を含むコンピューターの技術進化が凄まじく、
AI(人工知能)をもつ、アンドロイドも含め、ぱっと見、判断が難しいものさえまで出てきた
という事に、凄いと思いつつ。
多少の恐怖も感じます。


では、我々人間はどう対抗すればいいのか?

一昔前であれば、コンピューターの性能が追いつけないと言われていた分野も
すでに凌駕されつつある昨今。

例えば、伝統職人などは、そうそう簡単には、、、と思われていたかもしれませんが、
実際は全く同じようにコピーするだけであれば、そう難しくない。

というより、逆に全く同じものを作り出すことがコンピューターにとっては容易いと言えるかもしれないなと、最近思うわけです。その照合に10年後に90%いじょうの確率で消滅するランキングの中には、彫刻職人なるものが入っています。

逆に、無から新しいものを生み出す方が、パターン化できないので、難しい。
と言えるのではないかと。

もちろん、ランダムにデータ抽出を行うという作業ならばコンピューターは
得意かもしれませんが、データそのものがない場合おいて、それは人間にしか出来ない事
のような気がします。

法則性にもとづいて、過去のデータと照合し、YESかNOの判定は容易にできたとしても、
過去に事例がないものを判断しようとすればきっとエラーが出ます。

でもこれって、人間でもあるなとも感じます。
特に、公的機関、大手メーカーなどと仕事をすることが多い私としては、
この過去の事例(前例)が〜〜。には随分と苦しめられた気がしてなりませんw。

というより、常にこの、過去の〜〜と戦ってきた歴史が、モノヅクリンクや、MDファクトリー、強いては川端政子の歴史そのものとも言えるのではないか?

と思うぐらいです。

普段は、仕事の平準化、仕組みの構築を!と説明していますが、
本来、コンピューターに代替ができる仕事はコンピューターにしてもらう事。
人には人にかできない、いわゆるクリエイティブな仕事にシフトチェンジして
いくべきである。

という考え方に基づいています。

クリエイティブといっても、別にクリエイターになりなさいというのではありません。

仕事における、御社らしさ、貴方らしさをどこで出すのか?という事だと
私は思います。

マニュアル化は確かに大切ですから、それは効率化の観点からしなければいけないのですが
私が言いたいのは、例えばマクドナルドのスマイル0円みたいなもんです。

マクドナルドでバイトしたことがある方なら、ものすごいシステマチックに顧客対応を含めてマニュアル化されていることはお分かりでしょう。

ですが、スマイル0円は素晴らしいな。と思うんです。

何故なら、スマイルは一人一人違うからです。
決して同じが存在しない、ものすごくパーソナルなサービスなんですよね。


マクドナルドが巷ではえらくパッシングされていたりもしましたが、
それでも、このスマイル0円は素晴らしいなあと思わずにはいられません。

ちなみに、ここ数年、スマイル0円がメニューから消えていたそう、
そして今年復活した!というのがニュースになっていたのをご存知ですか?

メニューからなくなったあと結構問い合わせが相次ぎ、結果、スマイル0円はマクドナルドの原点、理念に通じるものであるとして、復活したとか。

なにわともあれ、なくならなくて良かったですw。







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク