2016-07-02(Sat)

6月末までの事と、ハガレンから考える価値観についての考察詳細

6月から7月になり、梅雨も本格化して蒸し暑い日が続きますね。


私、北から西へ移動するんで、まったく暑さが苦手になったなあ。と実感しています。



さて、6月22日〜24日は、ビックサイトで、展示会でしたね。といってもほとんどいけませんで、、すみません。

結構仕事が立て込んでおりました。


でも相変わらずの盛況ぶりですよ。さすが日本一の製造業の祭典!
久しぶりにお会いできた方もいてうれしかったです!

ちなみに、三協も出展しており、かなりの引き合いがあったようです。
0630-1


そして、展示会あけて、土曜日はとうとう高千穂大学にてイベントでした!

参加者は55名。
0630-3

どのプレゼンも甲乙つけがたく、感動的でした。

午後からはグループディスカッション。
こちらも大変もりあがっておりましたよ!
0630-4

無事にモノサポ×高千穂大学のイベントがおわり、思ったことです。(FBより転記)

ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。
なんやかんやで、55名の皆様がご参加いただきました。

半年ががりの取り組み、みんなの力が集結し、素晴らしいイベントになり、なんていうか、いろいろ感動してます。

一番感動したのは、みんながメキメキ成長して、瞳がキラキラしていたこと。
来年もやりたい!

って本気で言ってくれたのが、ヒシヒシと伝わってきた事です。

またプレゼンを受けてくださった企業の社長様が、本気で喜んでくださった事。

最後に、力足らずな私に協力してくれたサポータズメンバーに心より感謝します!

必ず、このイベントをスキームとして完成させたいなと思います。

今までで、一番理想に近い、産学連携が出来た瞬間だった。

本当にやってよかったです。



以上。


1週間経ちますが、やっぱり続けたい。それが私の思いです。なので、継続方法を真剣に考えますが、
今までやったどのイベントよりも、連携の可能性を感じたイベントでした。





その後、、、日曜ははっきりいって死んだようにねていましたが、月曜日は仙台へ移動。

そして、火曜日は岩手。

定例会でした。
お邪魔したサンライフさんにて、紫陽花が綺麗でした!

0630-5


翌日は仙台から大阪へ。

めっちゃ蒸し暑い。。。

前から楽しみにしていた田頭さんとランチ会、豆腐料理専門店のヘルシーランチ。
美味しいし会話も弾みました。

0630-6


夜は、大阪の秋のサミット会議です。こちらもだいぶにつまり、今年のサミットは11/12です。
よろしくお願いしまーす。
0630-7

で、宮城のサミットもチラシがほぼほぼ完成してきています。

正式告知は7月中旬。9/7はぜひ宮城へ!!

そして、迎えた6月末。

とっても大変でしたが、デスクワークで缶詰。。

なんとか目処がついて帰ったのが2時過ぎでした。


そうしてとうとう7月に入りましたね!!

まだ梅雨はあけませんが、、

1日は終日都内で外で打ち合わせがありまして、

なんだか思っても見ないような大掛かりな話が舞い込んだりで、、、
とにかくできるだけの事をしようとかんがえております。
重なる時って重なるなあ。


秋、めっちゃ忙しくなりそう!


さらに先日ブログでUPしていた、教育計画とスキルマップ、ドラクエ風味のFBを見ました。という方から、
講演依頼が、、w。


今年10月くらいにですね、香川で講師をさせていただくことになりそうなので、よかったらよろしくお願いしまーす。



7月2日は完全なるプライベートで友人と小旅行中、現在水戸のホテルです。

明日は日本三大庭園の一つ偕楽園へいったりしまーす。

夜は水戸駅前のマルイの屋上にて今年初のビアガーデンに行きましたよ。

もうすぐ夏!
たのしみですね。



さて、ついでに、いろいろあって、新しい取り組みをスタートすることになりそうで、、
思考の海にとっぷりとはまっていました。


FBに書き込んだ考えをこちらにも記録として転記しておきます。


テーマは、『価値観とは何か?』



以下転記+加筆有り




たまには、企業価値を可視化するというテーマについて真剣に考えてみる。

価値観を表すのは一般的には、お金である。

お金とは物々交換の発展系だ。

そして物々交換をするにあたり、等価交換という概念が出てくる。
交換するにには、交換に値する価値が必要となる。

アニメ、ハガレンこと、鋼の錬金術師において、一躍子供にも有名になった、この等価交換というワード。
エドがプロポーズする名場面、

0630-8

からの、

0630-9

エドらしいプロポーズがとても好きなんですが、
ウィンリィの答えがまた良い。
0701-2

からの、デレw

0701-1

ニヤニヤとしてしつつ、キュンキュンしてしまう名場面だと思う。

人生半分に対しての等価は相手の人生半分というのは理論的であり、なんていうか男性的だなと
私は思う。

それにたいしてのウィンリィの返事、半分どころか全部あげるわよ

というのは、エドが示す条件(等価交換の法則)を一見すれば上回ることになる。
これは本当に女性的な回答だと私はおもう。
しかし、実際、そこにある現象をお金や物量的な価値観だけで、判断することは不可能に近いし、
なぜなら、人によって感じ方、つまり価値観は違うものなので、あくまでも判断指標の一つにしかなり得ない。

数値で無理やり価値換算することは可能なのだけど。
お金に変えられない人生みたいなものにおいては特に

半分に対しての、全部あげるわよ。

が真理だと思うのです。


男性に比べて女性は感覚や感情を重視する生き物で
これはもうそういう風に脳ができているのでどうしようもない事ですけれど、
いずれにしても感情、というものは一見すると金銭的価値観や、等価交換からひどくかけ離れているように見えて、
実際のところ、非常に密接な関係性をもっていると私は思う。

そもそも、価値観とは、人が考え、感じ取る能力があって初めて生まれるものだからです。


お金の価値についても考えてみれば、
お金は『金』などのそれ自体に価値のあるものから、『紙幣』という、それ自体には価値はないが社会に保障された価値へと移行してきた。

しかし歴史の中において、国家経済の破綻、国家そのものの崩壊、時代背景等により紙幣価値は、価値の無いタダの紙切れになる可能性がある事は周知の事実であり、非常に本来流動性のあるものだと言える。

紙幣は基本ビットコインと同様
価値があると認めている社会があるから、価値として存在している。

企業価値を本当の意味で、可視化するという事は、

①金額換算しやすい、所有物の資産(土地や、設備等)価値
②金額換算しにくい、場や人により形成される(歴史、文化、技術、人材、などの)価値

双方を評価する必要があるわけですけれど、
先に述べたように、いづれも、価値を認める社会が存在することが前提条件です。

社会とは人の集合体ですから

人が欲するもの=価値と考える事が出来るならば

お金 < 心を動かす思想(理念や志)

じゃないか、と私は思うのです。
だから、お金がなくても、本当はなんでも出来るし、何者にだってなる事が可能なのです。

最近はやっている、クラウドファンディングなどは、それが顕著に表れているように感じるますね。

何が言いたいかと言えば、世の中には、お金で買えない価値が確かに存在するし
また、お金で買える価値あるものも人によって異なるということ
だけど、それを含めて、すべての価値は一人では実現出来ないという事実。

相手がいて、仲間や、共に生きる人がいるからこその価値観という概念が生まれるという事。

つまり価値観とは、誰かとの関わりにおいて作り出すもの、感じる心だという事。
非常に流動的かつ、感覚的なもの。

しかしながら、いつしか、お金に惑わされ、お金が示す本当の価値が忘れ去られている気がしてならない
お金とは、価値観をわかりやすく数値化したものに過ぎない。

お金≠価値

既存の価値観に照らして自分の価値がどうこう悩む必要など無いし
究極のところ、自分の信じるものの見方そのものが、価値観であり、価値あるものだと言える。


そう考え、お金という価値観を外して見れば、人は限りなく自由であることがわかる。
そもそも、私たちは世界に一人しか存在しないという時点で、素晴らしく価値がある。

また、企業の価値も同様に、あるべきでは無いでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク