2016-08-19(Fri)

東京にて猛暑です。

お盆明けて、めっちゃ暑い東京都内、、、。

でもお仕事頑張っていきたいとおもいます!

まず、17日は、朝から荒川区での定例会
いつも素敵なウェルカムボードが迎えてくれます。

佐藤油脂さん
ロウソクやさんです。

一年でかなり変わったなぁ、、、。
ってこの日はみんなで一年の振り返りしたんで
しみじみと考えさせられる定例会になりました。
08182

翌日は練馬区、大泉学園駅
沢山のアニメキャラがお迎えしてくれます。
08183

しかし、暑いな〜と日差しに体力奪われそうになりつつ。


定例会は有限会社エイセイさんです。
08184

事務所だんだんスッキリしてきて、全体的に変化してきたんだな。
と思える定例会でした。

各社悩みはつきませんが、地道に進めて行きましょう。
私もしっかりサポートしていきたいとおもいます。



定例会を三年間毎月開催していくスタイルを私はとっていますが、
三年間毎月というと、逃げ越しになる企業さんも多く、
仕事は基本全て口コミで依頼がきますので、やりたくない企業さんと
仕事をするのは、骨が折れます。

しかし、改善は終わりが無いわけで、3年やったら終わりじゃなく、
3年でいかに自立するかですから、3年と聞いてあなたが、3年も!?

と思ったとすれば、根本的に考えかたが間違ってます。
3年しかお手伝いしませんから、それ以降が本当の意味でのスタートなんですから。

ですから無理やりやるなら、やらない方がマシです。

実際ヤル気が高くても実は2年目が凄く難しいと言うのが私が関わってきて
データ的にも出でいるのですが、一年で、それなりに成果は出す自信があります。

しかし、継続にあたり、社長がヤル気ぐ無い企業さんの場合、
一番気の毒なのが、社員さんです。

一年経つ頃、人により差はあれど、自信と知識を身につけたリーダーは急激に成長します。
そういう人を沢山みてきました。

そして、ジレンマに陥ります。
時にはノイローゼ一歩手前みたいな人が発生したりします。

そうならないように手を打ちますが、何故そうなるかというと
一生懸命会社を良くしたいという気持ちが高まるにつれて、
現状に失望するパターンが多くあります。

失望するのは、社長に対してがトップ
次が古株の上司です。

どういう失望の仕方をするかというと

上司を含めた自社における権力者のレベルが低さ、頭の堅さに、評価して貰えない事に失望します。


社員教育をするという時、ただお金をだし、人員を投入するだけでは不十分です。

一緒に学びを深め成長していく、もしくは柔軟に対応レベルを変化させないと
ダメになると私はおもいます。
つまり時には諌めたりしながら、適切な対応(アドバイス)をしなければなりません。


経営者が思うよりずっとあなたの会社の社員さんは優秀で、能ある鷹は爪を隠す状態にあるのです。



身内に対する評価は厳しくなりがちですが、

学びの場を得た社員さんは、向日葵の様に太陽という理想像に向かってグングン成長したがります。
そんな時、土壌がしっかりしていないと、大きくなった植物は自らの重さに耐え切れず倒れてしまいます。


私にしか出来ない事があるように、各社の社長にしか出来ない事があります。

何事もタイミングが大事ですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク