2016-10-14(Fri)

主体性を育てるコツ『横暴な鵜飼いは鵜に逃げられる』

最近よく聞かれるので、この際ブログに書いておく事にします。

ここ一カ月くらいで同じような質問をされました。

『そのバイタリティー、熱い想いは何処からくるの?』

と、言うものです。

正直、何がそうさせるのか?

私にも理由なんてわからないと、言うよりは疑問に感じたことが無かった。
というのが一番しっくり来るように感じます。


基本的には、自分がやりたいことしかしてないわけで、それについて、弊社の顧問よりいつも怒られているくらい、わたし基本的には好きなことを力を入れいっぱいやって生きていて、それでお金をいただけているので、冷静に考えるたらありがたい、本当に幸せなことなんだとおもいます

側からみると、不思議で仕方がないと言われても、
私にしたら、好きなことをしているだけなので、
理論的に説明するのは難しいのです。

でも、実際のところ人は行動に理由を求める生き物だと、私はおもいます。
自分にも他人にもですね。

私の20代はドラマティックな出来事が多く、普通じゃないのでメディアに取り上げられたりしますし、だからなんですね!
としばしばみなさんは納得します。

そんな時、そうか、と私も他人事の様に実は納得するわけです。

後から考えたら、そうだったなぁ。
みたいな感じという意味です。

実際がむしゃらだった当時は、何故そこまでするのか?その理由なんて深く考えていません。

もちろん、60歳までのざっくりした目標は立ててはいましたけれど、緻密な計画を立てるタイプではありませんので、後から考えると、そうだったかも、、、くらいなわけです。

楽しかったか?と聞かれると、20代は辛いことの方が断然多かったですからね。

いろんな意味で、私が私らしく仕事できるようになったのは、実際28歳以降、厳密に言えば30歳を過ぎてからでしょう。




さて、私が抱く野望は、でっかく言えば
日本を元気にする。
と言う事に集約されます。

そのための手段はたくさんあって、実は誰にでも出来ることしかしていません。

そんな事本気で言ってる?

と嫌味ぽく聞こえた方がいたら、私の中身をあなたは買い被り過ぎです。

私には出来ない事、苦手な事が大量にあります。
密かに、ああ、やだわ〜誰か〜助けてっていつも考えていますね。

逆に得意な事も多少はあります。
例えば、連携体を何となく作り、運営する事。
人をやる気にさせること。
などが自分でも得意だと感じているところです。

端的に言えば、それくらいしかないかもしれません。

第三者がどう感じるかはわかりませんが、
100人を超える交流会も、2〜3人の飲み会や、例えば家族旅行みたいなものも、私にとっては感覚的には同じで、横一列ですし、どれも同じように、真剣だし、楽しくしたいと考えています。

処理にかかる物量は違うだけで、感覚は等しいわけです。

私からすると、その中でお金をいただける事があるだけです。

最低ライン以上に現在はお金をいただける立場になりました。

しかし、物量も、熱量も、あまり変わらない

だから、私はスイッチは押すかもしれませんが、最終的に発熱しているのは、私ではないのかもしれません。


さて、タイトルに書きました。

主体性を育てるコツについてなんですが
これは、例にもれず、川端が勝手に展開する理論です。

タイトルをつけるならば、

『横暴な鵜飼いは鵜に逃げられる』

ちょっとブラックホールや、台風の目ともにています。

まず熱量が高い気持ちを持っていると、周りの空間(人や雰囲気)を歪ませて引きずり込む、つまり引っ張る事ができます。

カリスマ性の高い方、高尚な夢などを持つ方。
まあ、発信力が高いなども当てはまりますし、
巻き込み力とも言えるとおもいます。
経営者などもこれに当てはまるはずです。

そこまでは当たり前の話ですね。
私が考えているのはその先の話なんです。

引っ張られた時点では引っ張られた人と、引っ張った人の関係性は本来緊張状態、紐がピンと張った状態に本来あります。

何らかの横槍や、さらにパワーが高い気持ちに引っ張られると、紐が切れたりするかもしれませんね。

なんか、放した人も、放された人もワワッと蹌踉めく、尻餅をつくようなイメージです。

そして、そこには、より強いものが勝つ図式も成り立ちます。

で、私が普段イメージしているのは、引っ張ったあと、紐をゆるゆるにしちゃうイメージです。

まあ、なんなら紐を離しちゃうかもしれません。

私がつくる組織は全国組織であっても、ゆるゆるだと、もっぱら評判です(@_@;)ぁせぁせ
ま、そこは置いといてw

多くの人は、一度捉えたものを手放さないために紐をぐるぐるまいて、ピンと張った状態をヨシとするかもしれませんが、私はそんなのツマラナイとおもいます。

大事なのは、いかに紐を緩めるか?なのです。

主体性とは何だろうか?

うちの社員は主体性がなくて、こまっていると言う社長さんの話を良く聞きます。

紐を張ったままでは、いつまでたっても、主体性など育ちません。

あなたは横暴な鵜飼いではありませんか?

引っ張った紐を緩められない原因を考えた事ありますか?

あなたが、相手に不満を感じているならば、一度自分と相手の間にある紐について考えてみると良いとおもいます。

案外、簡単に紐って切れてしまいます、そして
切れた紐を結び治すのは本当に大変な作業ですからね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク