2016-10-20(Thu)

人生って何だろう

目的意識を持つから人生が楽しくなる

私は、21歳の時に、人が生きて死ぬ、つまり死生観について悟った事があります。

と言う話を講演などでお聞きになった方もおられると思いますが、とにかく21歳で大切な人の死に際して、私が感じたのは

『人は必ず死ぬ、そして死んでしまえば何も持って行く事は出来無い』

という当たり前の事実でした。

その時から、死ぬ時には夢や希望のバトンを後世へ託せる人になる事、またそういう想いを持つ人を増やす事が私の人としての生きる目的の一つになりました。

24歳の時には、具体的に生き方の計画、人生設計を60歳まで立て、28歳でまた大事な人の死に際して学ばせられたのが、

『どんな時も人を愛し、許す事』

でした。


それからは、それが出来る人間になる事が人生の本当の目的になりました。

これは本当に難しいことだと13年経った今でも思います。

人が生きて死ぬとは決して綺麗事ばかりでは無いからです。

日々、腹がたつ事もあるし、イライラする事もある、傷つくような出来事も起こるし自分の無力さも感じます。

私は聖人君子にはなれませんし、人を知らずに傷つけたり、間違う事もあります。
また対して頭が良いわけでもなく、多分至って普通、平凡な学歴であり、大した資格もありません。

さらに言えば苦しさを感じ、死にたくなるような瞬間だって人並みにあるつもりです。

昭和を代表するような文豪が、世界に絶望し自殺した気持ちもなんとなくわかるような気もします。

だから、本来誰にでも瞬間を切り取ればマイナスな気持ちは存在します。


だけど、じゃあどうするのかの切り替えが出来るかどうか?
その為の指標として信じる、やり遂げたい人生のミッションがあるかどうか?

が大切な事で在ると私は感じています。

これは、私の価値観ですから、他人に価値観を否定もしませんし、押し付けもしません。
そんなこと(人の価値観)は意味が無いからです。

人は自分の人生を自分で選びとり、無意識ではありますが自分が想像するように生きて死ぬのです。

そもそも私はワガママです。
立派な人になりたいわけでも、先生と呼ばれたいわけでもありません。

だいたい先生とはなんでしょうか?
特別頭が良いとか、資格がある人が先生ですか?
座辺師友という言葉がありますが、本来は自分以外の全てから学ぶとともに、友として親愛を示せたら、それほど幸せな人はいないでしょう。

私は自分の人生を納得して生きていきたいのです。
その目的が第三者からみて評価されたり、されなかったり、批判もあれば、賞賛される事もありますが、正直、そんな事は小さな事でどうでも良いのです。
逆になんでそんな事を気にしなければいけないのか?とも思います。

自分のしたい様にすれば良いでは無いですか?

と私はアドバイスします。


立場、所謂人爵でしか物事を判断出来無い人は確かに存在します。

だからと言って自分も同じように価値観を合わせる必要は全く無いでしょう。

我々の世界観の価値観などちっぽけなもんですから、価値観の物差しを自分の中に確立している人が強い人なのです。


高潔な人や、頭が素晴らしく良い方、素晴らしい技能をお持ちの方など世界には素晴らしい人が沢山おられます。

それは、生きていく中で磨かれてきたものであり、その優劣は確かに価値として評価する事は出来ますが、それよりは、それを磨く過程を通じて人生をどう生きてきたか?これからどの様に生きて死ぬのかの方がずっと重要だと私は思います。

素晴らしい価値あるスキルがあっても、社会に役立てなければ意味が半減してしまいます。

人生はあまりにも短く、つまらない事にとらわれたり、人の評価を気にしすぎたり、諦めて不貞腐れたり、人をやっかむ時間があれば、やりたいことを自分の力を信じてやりましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク