2017-01-10(Tue)

沖縄後半戦は、ほぼガンガラーの谷の話

沖縄の話の続きになります。


昨日の沖縄県立博物館


大満足だったわけですね。

で、そこで知ってしまった、ガンガラーの谷の存在!

港川人の発掘調査も行われ、昨日みた展示物の中でも、貝殻で作った2万年前の
釣針にたまらないロマンを感じた私は、それが昨年9月に、このガンガラーの谷で発見されたと聞いて
正直いてもたってもいられなくなりました。

貝殻で出来た釣針は大変美しいフォルムで、古代人の手作業により生み出された
工芸品にも匹敵するものだとおもいます。

貝殻をうまく半円に割り出し、地道に削りみたいな作業がされてたかと思うと、
なんて、なんて素晴らしい!

みたい!その発掘現場を是非に(*✧×✧*)

つーわけで、博物館でもらったパンフ、ガイド付きで完全予約制だと書かれていて、即座に電話し、14時の回をゲット!
したわけです。


なお、こちらがレプリカの展示品です。
28010907


もともとこの日は車だけ手配していて、状況をみて出かける場所を決める予定で、南部の
沖縄最大のパワースポットである、斎場御嶽をたずねようかな〜みたいなイメージ。

で、ガンガラーの谷はこの斎場御嶽からはだいたい30分弱の位置関係、エリアは近い。

両方いけるかな?

わからんけど、とにかくレッツラゴー٩(ˊᗜˋ*)و

28010905

車を走らること一時間。

海が綺麗に見えきて、道沿いに良さげなカフェが!
沖縄は、海カフェも、山カフェも、街カフェもとにかくいっぱいあり、ハイレベル!

昨日に続き、絶景な海を望む山の高台にあるカフェへ
無添加のパンが食べ放題。
さらに自家焙煎コーヒーに、カレーを食べながら、海を見る、
い、癒されまくりやないか!
2801111

ほっこりしたあとは、とりあえず、斎場御嶽へ。

そしたら、やはり人気のナンバーワンパワースポット、結構人が多い。
ガイドに所用時間一時間とある。

うーむ。ギリギリだなぁ。

と帰りに余裕があればこようと言うことで、駐車場にて反転して、
本当の目的地であるガンガラーの谷へ向かう。


ナビを見てたら、ん?なんか小さな島、橋で渡れるんだ、、、。

ガンガラーの谷へ向かう手前にある島へ進路をそらす。

島の名前は、奥武島、小さな島だ。
300mくらいの橋を渡ると、たくさん車が止まっている
名物の天ぷら屋。

それとは反対側には小さな漁港がみえ、なにか市場的なものがあるらしい、

迷わずハンドルを左に切り漁港へ!

28010909

市場の中に入ると市場といっても、店舗は5軒程度の小さな市場で、
こんな感じでガラスケースには南国らしいカラフルな魚や、見たことがない海老などがならぶ。

さしみ新鮮で安い。
御飯に乗せてその場で丼にしてもらえる。

さっき食べたばかりなので、うーむ、うーむ。
と唸りながらウインドウショッピングで我慢する。

外には、おこぼれを貰えるからか、たくさんのネコたち。
しかも、みな丸々として人懐っこい。

28010908

おいでおいでと手招きすれば、スリスリと足元にきて触らせてくれる。

ビバ!ニャンコ天国!
2801010

ニャンコと戯れ、すっかり気を良くしして、さあ、最終目的地へ!

島からは、車で15分ほどで、ようやくガンガラーの谷へ到着。

階段を降りて行けば


おおっ!大きな口を開けた洞窟
28010904

中に入ると、想像よりずっと広い洞窟広場は、実はケイブカフェになっていて、
コーヒーを頼んで、天井を見上げれば、自然とため息が出た。
28010903

そうして、14時ようやくガイドさんについて奥へ、約1kmを
80分かけてガイドしてくれるらしい。

まずは、ここから、釣針が出ました〜っていうのが、本当スタート地点。

こんなとこから?

鐘乳石は4年〜5年で1mmしか伸びない。
1cm伸びるだけでも半世紀かかる計算である。

つまり2万年前といっても、ここの景色はさほど変わらないワケだ。
厳密にいえば、40cmくらいの短かったわけですね。

感動しつつ、ケイブカフェをいったんでれば、そこは
豊かな森が広がっていた

28010906

このガンガラーの谷は、10万年前までは、先ほどのケイブカフェのような洞窟だった
その天井が崩落し森になっており、今でもその名残は各所に見ることができるし、途中には何個も大小様々な洞窟もある。ようは、10万年前崩落しなかった洞窟である。

それだけでも神秘的なわけで、そんな中でも一番のみどころが、
樹齢は150年のガジュマル

2801112


これは、いわば洞窟だった場所の床から私は見上げており、
この場所は四方は切り立った崖の様になっていて、
ガジュマルは崖の上つまり、崩落した天井部分から根を張り、洞窟の床面まで長い根を下ろしているのだ。


みればみるほど神秘的でパワーを感じる、素晴らしい木だと思う。

自然の創り出すものの偉大さとか、神が宿るというのも確かにうなづけるし

木には触る事が出来るので、ぎゅっと根を抱きしめれば、なんだか力をいただけたような気がした。



港川人の人骨などについても詳しくガイドさんが説明してくれる。

距離も長すぎずゆっくりと歩くのでじっくりと自然と向き合えるのも良い。

ツアーは2200円、中はガイドツアー以外は立ち入り禁止エリアて
完全予約制なのですが、とても満足度が高いツアーだと
おもいます。

またパワースポットというのも納得出来きますよ。


十分に堪能し、結局私はそこからホテルへ帰る事にしました。

なんだか、こういっぱいになったし、斎場御嶽にほまた次回来た時に行こうと思う。


沖縄の今までとは違う一面を感じた1日でした。

最終日の夜はゆっくり更けて、せっかくだし途中の道の駅で買った野菜や惣菜などで
簡単な自炊をしてみた。


いろいろな新しい出会いや、感動がやはり大事だなぁと改めて感じた今回の旅。

こんな感じで1人で過ごすプライベート旅行は会社を立ち上げてからというか、15年ぶりくらいじゃないかな。

そういえば20代の頃は、1人ぷらり旅に私はよく出かけていたのだとふと思い出した。


明日は大阪へ夕方にはついて、夜は仕事があり、翌朝一で都内へ戻り、そこから春くらいまでは多分というか、
物凄く忙しい。
4月までに4つのチームを立ち上げながら、イベントも何個か平行して動かすからね。

のんびりとした休暇はしばらくお預けだけど、今回の旅はわたに新しいパワーをくれたと思う。



また来年の年明けは、沖縄にこようかな。

なんて考えながら、今年が良い一年になり、成果を残せる一年になるように努力していきたいとおもいます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク