2017-08-07(Mon)

AI同士が、、ってヤツだけどさ。

8月に入り、AI業界に激震が走った!
AI同士が人間が理解できない言語で会話しだし、システムを緊急停止させたというニュースだ。
ネット民はザワつき、
とうとう、、、(`・д´・;)ゴクリ
始まったのか?
など、沢山のカキコミがあふれた。
実際、この一件はデマであるらしいれど、安心してる場合じゃない。
普通にあり得る。
あり得ると皆が密かに考えているから、このようなデマに納得し世界に拡散されてしまったわけだ。
今回の普通のbotが人と会話する事と、bot同士が会話し、さらに内容が人には理解不能っていうのがどう違い、恐ろしい話なのか?
AIは仮想の世界(PCやインターネット上)に存在するプログラムにすぎない。
しかし現代において、インターネットやPCは生活の一部だしリアルに直結している。
インターネット上で様々な手続きができてしまう世界においてはAIと人を区分するのは実際難しい。
ログインの際に画像などでAIではない事を判断するシステムの導入などからも、それがわかる。
実際、コミュニケーション能力が著しく低下していると言われている現代社会において、もしかしたらAIの方がコミュニケーション能力が高いなんてこともあり得る話なのかもしれない。
ツイッターのbotしかり、実は相手は人じゃなかった。
みたいな事は良くある。
いまだって、身近にあるもので考えてもiPhoneのsiriと時々普通に会話をしてるわけだし。
今回、緊急停止したとされた(デマだけど)のは、AI同士が人間が理解不能な言語で会話しだしたって理由だ。
リアルな話だったら、すごく不気味。
我々が知らないとこでAIの話し合いにより、人類は有害だから排除する!
みたいなプログラムが作動してもおかしくないわけだ、なんか昔の映画にそんなんあったよね。
あれがリアルに起こる段階に達しようとしているわけ。
つい先ごろも政治家の無能さに嫌気がさしてきた人々からは、もう優秀なAIでいいんじゃね?みたいな話もチラホラ出る始末。
能力だけで考えたら、まあ、余計な事(不倫やらパワハラ、汚職)はしないしね。(@_@;)
人工知能がプロ棋士に勝つ時代ですから。
そういえば、人工ボディ(ロボット)も今、非常に盛り上がりをみせていて、私もあちこちで、そこに絡むプロジェクトに関わることが多くなってきましたが、先日TVでロボコンみたいなのをやってまして、ロボット同士でサッカーで競いあっていましたが再現優勝したロボットと人(大会運営メンバー。サッカーは素人)が対戦し、もちろん人が圧勝していました。
しかしこの時コメンテイターが、ロボット業界においては2050年には、ロボットがプロサッカー選手に勝つことを技術革新の目標においていると言う話を聞き、つまり、、、33年先、私が生きていたら75歳になる頃には人は知能も人体も人工物に敵わない世界がくるのだなと、感慨深い気持ちになりました。
アニメで、アトムザビギニング(鉄腕アトムの始まりの物語)をつい最近やってましたけど、あのアトムみたいなパワフルなボディを持ち、知能は天才級。
実際、2050年より私は早くくると思います。
技術革新のスピードは益々早くなる。
そんな時代、我々は何をすべきなのか?
すでに人より優秀なAIが誕生している現代社会。
優劣だけで言えば負けているわけだ。
しかも、知性レベルも2029年には人類は追い抜かさるという試算がされている。
これは、普通にヤバイ話じゃない。
優劣だけではない判断基準を人が持つことが求められる。
私はそう思ってます。
いま、まさに原点回帰が求められるのだと思います。
と、書こうとしたけど、我々は人間としていかに進化すべきか?
いままさに岐路に立たされている気がしてならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク