2018-02-10(Sat)

モノヅクリンク福島例会1日目

9日は朝9時過ぎの新幹線で上野から福島へ。
11時前に福島駅に到着しました。
まずは最終ミーティング。
マクドナルドにてスタッフさん達が集まり、打ち合わせです。
さあ、はじまりますね!
西口のロータリーにて皆様をお迎え。
3台のバスに分乗しまして、30名以上の皆様と3社の工場見学会がスタートです。
私はAチームのバスに添乗員として乗り込みました、
バスはまずは川俣町へ、福島駅から約40分の道のりになります。
まずは1社目は、藤野機工さん。

水道の特殊なバルブなどを製造する企業さんで
高い技術はもちろんですが、社長の熱い思いが伝わってきました。
またホスピタリティにも感激。
震災時には土砂崩れがおき工場に土砂がなだれ込み大変な思いをされながらも復活していった経緯などもお聞きできました。
今回モノヅクリンクが開催された経緯は特別なものが実はいろいろあります。
モノヅクリンクは福島県南会津にて2011年9月に震災を機にスタートし、実に6年半の時を経てモノヅクリンクは福島にかえってきました。
震災当初、中小企業の連携を模索したいとスタートしたモノヅクリンク。
しかし当時は沿岸部をはじめとしたエリアは避難対象エリアであり伺う事はできませんでした。
今回の川俣町は浪江や南相馬とはお隣であり、一部のエリアは実際に避難対象だったエリアです。
川俣の避難対象になった山木屋地区の現実をおききしました。
もともと1200人いた住民のうち避難解除してもどってきたのは100人程度、そのうち20歳以下の人はたった2人。実際現地で知る事がたくさんありますね。
厳しい現実、それでも前向きに進んでおられる強さを感じました。
2社目は創業100年、川俣シルクの老舗紺野機業場さんにお邪魔しました。
海外有名ブランドも注目する、独自技術の濡れよこ織は透明感や感触はオンリーワン!
若手の5代目、紺野峰夫さんのプレゼンも素晴らしかったです。

素晴らしい風合いのシルクにうっとりします。

丁寧な案内をしていただきありがとうございました。
3社目は斎藤工機さんです!
大型部品の切削などができるバラエティに富んだ設備が羨ましい。
ゆりかもめなどの部品も製作されているそうです。

昼からスタートした見学会、3社の皆様、本当にお世話になりありがとうございました。
バスは宿泊施設。おじまふるさと交流館に到着しチェックインした後は前夜祭会場へ
味処光さん。

地元名物、軍鶏の丸焼き

みんなで大いに食べて、飲んで。
宴は二次会に突入して、先ほど終了。
大変実り大き1日目。
本当にありがとうございます。
明日もよろしくお願いいたします!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク