2017-04-25(Tue)

岩手3S定例会

月曜日24日は北上に朝からいましたので、朝から銀行に行った後は、やはり、せっかくだし!と展勝地に行きました。
北上駅から徒歩でテラスハウスまで往復したら、8キロありました(;^_^A
とにかく良いお天気で、素晴らしいシュチュエーション♡
まずは北上川方向へ、橋を渡り、桜のトンネルを抜けて、歩く歩く、途中、写真スポット、約300の鯉のぼりが悠々と青空を泳いでます。

そして、テラスハウスにつくと、舟下りとかもありますが、まずは北上グルメでしょ!
(๑•̀ㅂ•́)و✧
岩手はモチ文化!
もちろん、餅をいただきますw

いろんな味が楽しめるのが良いね
スタンダードな餡子に始まり、きな粉や磯辺焼きは当たり前だけど、みぞれ出汁とか、みたらし風だったり、ずんだ餡、納豆などもアリらしい。
大阪は、餅はお正月くらいしか食べないけど、こっちじゃあ、年中餅があり、つきたてのお餅はやはり美味い!
餅の後は、鮎の塩焼き、そして〆は焼きトウモロコシ(岩手の味覚じゃない)
岩手北上の味覚というと、ご当地グルメは、北上コロッケがあり、もちろん並んでいましたよ。
北上コロッケは里芋、アスパラ、北上牛が入っていて、独特な食感や風味が楽しめますので、是非一度食べてみてくださいね♡
なんやかんやで3時間かけて、歩いて食べて、展勝地の桜祭りを堪能しました!
昼からは定例会です

岩手の3Sチームは夏には3周年。
早いね3年は、、、。

皆様の進化が楽しい定例会でした。
今日はデジションツリーのワークでした。
算数レベルですが、計算があるので。
みんなになるべく分かりやすくと思うけど、難しいのだ、、、。
でもとにかく3周年に向かって皆で頑張りましょう。(๑•̀ㅂ•́)و✧
本日の定例会が行われた市川製作所さんでは見学を受け入れておられます。
もちろん無料なので、驚異のキャスター化と標識を見に行ってみてね。
詳しいお問い合わせはFBもしくは
下記へお電話0197-68-2657にて、担当は藤田さんです(。・∀・)ノ
https://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E5%B8%82%E5%B7%9D%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E6%89%80-203051710149763/
2017-04-25(Tue)

桜の季節の旅立ちに

今日は書きたい事があります。いや、書かねば気が済まない事があります。
名前を伏せようかとも考えましたが、先生は素晴らしい方であり、公式に発表されているので、私も先生が素晴らしい方であったこと、先生との思い出をちゃんと書き残しておきたいと思い筆をとります。
高千穂大学の川名先生が亡くなられました。川名先生の御冥府を心よりお祈りいたします。
川名先生とは東京に来てから知人を介して知り合いました。
今までも墨田区、そして去年は高千穂大学にてイベントをさせていただきましたし、先生からの依頼を受けて大学の授業にも2回登壇させていただきました。
また昨年の高千穂大学のイベントでは半年かけて授業にも参加させていただきましたし、呑みにいったり、、、
とにかく、素晴らしい先生でした。
50歳という、あまりにも早いお別れに涙が溢れます。
去年イベント時にはすでに病と闘っておられたのだと考えると、さらに涙が溢れます。
川名先生のご尽力もあり、私の中でも去年高千穂大学で開催したイベントは過去5本の指に間違いなく入るイベントになりました。
感動と絆を感じたイベントになり、私をよく知る石本社長からも、
『過去最高やったんちゃうか?素晴らしいイベントやった。』
と言わしめたイベントだったのです。
今も川名先生の顔が浮かびます。
あの素敵な笑顔を思い出すと、もう今生ではお会い出来ないのだなと寂しい。
ただただ寂しい。
先生、早すぎますよ、まだまだお話したかったし、一緒に面白いことしたかった。
相変わらずのフットワークで天国でも笑顔でみんなを繋ぎ、駆け回っているんでしょうね。
いつか追いかけてそちらに行く時まで、忘れないでいてくださいね。
先生にお会い出来て良かった。
たくさん貰ったのに、全然返せてない気がしています。
だから、いつか返しに行きますからね。
美しい桜の季節です。

貴方が旅立たれる季節としてはぴったりなのかもしれませんけれど
昨夜は20年前の別れを
思い出してしまいましたよ。
私にとって春は大事な人を見送る季節になった気がして、来年以降は桜を見れば貴方のことも思い出すに決まってます。
全く、、、
精一杯の気持ちで
ありがとうございます。m(__)m
また、お会い出来る日を楽しみに、私も頑張ります。
2017-04-24(Mon)

東北桜の三大名所  北上展勝地

21日は宮城3Sラボ2期の定例会でした。
今回の会場は、ダスキン高砂店(広友)さんです。
2期チームも3年目に突入しまして、また雰囲気ぐ変わり月日が経つのは本当に早いなぁと感じる次第です。
一年の差は大きく、一年前を思い出すと感慨深いのでした。
今回の定例会では3Sマインドマップを作りましたよ(。・∀・)ノ
さて、定例会が無事に終わり、この日は仙台の自宅へ帰ります。
何もない日はなるべく早く寝る。
いっぱい寝る。
を最近はこころがげてますw
翌日は土曜日で歯医者の予約をしていましたから、歯医者へ。
歯医者もなかなか、終わらない。
月一じゃあなぁ、、、。
昼一に歯医者に入り、なんやかをやで一時間。
最近の歯医者って、こんなもんなのかわからないのだけど、毎回歯医者に行くと、どっと疲れる(; ̄ェ ̄)
治療後もしばらくは御飯が食べられないため、所用を片付ける事に。
日用品の買い出しや、講義で使う備品を仙台駅前をうろうろして揃えました。
15時くらいにようやくランチ。
ランチはいつも行きつけのお店にてノンビリ。
なんやかんやで17時くらいには自宅へ戻りまして、洗濯や掃除をしてたらあっと言う間に19時なのでした。
日曜は昼から岩手へ移動です。
北上は、桜祭りの真っ只中。
何時もより人も多いし、道も混んでいるらしい。
なんといっても、東北桜の三大名所ですからね。
青森 弘前城
秋田 角館
そして、岩手 北上展勝地!
北上川沿いがピンクに染まる姿は大層美しいですよ。
満開かな?って思ってたら、微妙にまだ満開ではないので今年はGWまで楽しめるのでは無いかなぁ?と思います。
月曜日は岩手3Sの定例会。
終わったら仙台に戻る予定でいます。
写真は所用で訪れた、花巻神社です。
2017-04-20(Thu)

会津の旅   瀧の湯に浸かり土方さんを偲ぶ

会津3Sの定例会が20日に開催されました。
で、今回は実は公式にお邪魔するのは最後という事で、19日から会津若松に入りました。
オブザーバーで、宮城3Sチームからは、第1期のファミリーメイトの安藤社長、大阪リエ研から三協製作所の石本社長にお越しいただきました。
19日11時に仙台駅にて合流し、安藤社長が車を出してくださって、まずは会津若松を目指しました。
休憩を挟み13時半に会津若松到着、まずは腹ごしらえ、十文字屋さんにて会津ラーメンセット(ラーメンとミニソースカツ丼)
ラーメン美味しいよ~(❁・∀・❁)

で、カフェでコーヒー飲みゆっくりした後、北日本金型さんへ

そこで、会津工場の鈴木社長とも合流しまして、見学会がスタート!
二時間かけて質疑なども交わし大満足の見学会でした
その後は本日のお宿、東山温泉の瀧の湯さんへ。

なかなか素敵な温泉宿!
この辺りは、歴史ファンにはたまらない土地柄。
戊辰戦争の舞台鶴ヶ城や、会津藩校が近くにはあります。
また、この瀧の湯は会津藩の敷地内に昔はありまして、共同浴場でもあり、かの有名な新撰組、鬼の副長土方歳三が宇都宮の戦いで負傷し傷を癒したと言われている温泉です。
この頃は有名な鳥羽伏見の戦いの後でした、近藤が殺され、精神的にもかなりハードだったんじゃないかなと思います。

瀧の湯さんは瀧の真横に湯船があり、轟々と流れ落ちる瀧は水量も多く迫力もあります。
ライトアップされていて幻想的な景色で、遠い昔、土方歳三も瀧を見ながら温泉につかり
故人を偲んでいたのかな。
とか考えるのも情緒がありますね。
なおこの近くの寺(天寧寺)には、土方が作ったとされる近藤勇のお墓もあったりします。
温泉で傷を癒したあと、会津を去り、みなさまご存知のように最後は函館五稜郭にて戦死するわけです。
個人的に土方歳三もちろん好き。
カッコイイですよね。
そんな歴史にも触れた後は、夜は宴会!
大変美味しく頂きました。
是非またゆっくり行きたいです。
翌朝は7時からバイキングで豪華な朝食を食べてからホテルを出発。
次は南会津へ。
会津若松から南会津へは車で2時間弱くらいかかります。まだ雪が残ってます。

10時からは最後の定例会。
見学会からスタート。

ランチは近くのゆらりさんにて、美味しい地鶏蕎麦を食べました。

ランチしながら、最近17日にこの近くに小さな酒蔵ができ、米焼酎が発売され大人気!と聞きましてせっかくだしゲットしましたよ~。

いただくのが楽しみです。
昼からは発表会と講義。
15時に無事に終了。
2年半に及ぶお付き合い、みなさま本当にありがとうございました(❁・∀・❁)
その後は、仙台へ向かうわけですが、寄り道。

近くの花泉酒造さんにて、またまた限定酒、ロ万(ろまん)4月限定だちゅーという名前の日本酒ゲット、こちら毎月月替わりでお酒が販売されていて、ロ万は大人気で、会津以外にはあまり出回っていませんから希少なお酒。

この二つは来月、両国でパーティーをするときに放出しちゃいます♡
さて、そんなこんなで楽しい寄り道のあとは帰路に。
19時半くらいにようやく自宅につきました。
安藤社長ありがとうございました!
その後は、さらにTV会議もあったりして、
長い長い1日。
明日は宮城3Sラボ2期の定例会です。
また明日もがんばります(。・∀・)ノ
2017-04-18(Tue)

天下に喧嘩を売った男  九戸政実がカッコいい件

18日の追加の話
今日、栗原で発足式が行われた時に、岩手の二戸、九戸地域の行政の皆様がオブザーバーで参加されました。
という話を書いたんですが、その時に興味深い事があったんです。
行政の方が何やら冊子を配っていて、なんだろ?
と思ったら、挨拶をしてくださった際に理由が判明。
配られた冊子は、九戸政実の半生が書かれたものだったんです。
九戸政実?
歴史好きや、ゲーム好きな方はわかるけど。普通の方は多分あまり印象には無い名前ですよね。
九戸政実といえば、『北の鬼』とか、『北の英雄』とか『天下に喧嘩を売った男』などの異名を持つ、なかなか剛毅な武将。
漫画のキャラもなんかイケメン男子ですよw!

行政さん公式のキャラ↑カッコよすぎです。
私も以前、二戸に呼ばれ講演させていただいたときに、駅で九戸政実の事がめっちゃプッシュされていて、初めてしりました。
そん時も、大阪人として、恥ずかしいと言うか、まあ、戦いですからね、仕方ないとは言っても、相手を騙す卑怯な戦い方により勝利を収めた秀吉に対してモヤモヤとしたのを覚えています。
なんで知らないか?と言えば勝者(秀吉)により闇に葬られた歴史だからと言えます。
九戸政実の乱と言うと、秀吉が全国統一をする際に最後に戦った相手であり、6万5千の兵で攻め入って、たった5千の兵しか持たなかった九戸政実を落とすことは出来なかったと言われています。
九戸城は自然の要塞だった事に加え、九戸政実の戦術は正に名将と呼ぶに相応しいものだったそうです。
最終的に城を落とす事が出来ないと思った秀吉は偽の和睦を持ちかけ、家臣が助かるならと和睦に応じた九戸政実はだまし討ちにあい、投降した直後に開門された城になだれ込んだ敵兵により5千の家臣はほぼ皆殺しにあった上に、自身も斬首される事になってしまうわけです。
まあ、秀吉亡き後、豊臣家も徳川から同じような、和睦を持ちかけられて結果滅ぶ事になりますから、因果応報とでもいいましょうか、、、。
あ、話を戻しましょう。
以前、九戸政実の事を知った時は、詳しい話まではしりませんでしたが、何故、行政のみなさんが冊子を配ったのかというと、捕らえられた九戸政実が斬首された場所が実は栗原なのです。
だから栗原には九戸政実の縁の神社、九ノ戸神社や、首を洗った池なども残っていて、いまでも命日には墓参りを岩手県九戸と、宮城県栗原でしあったりしている、歴史的な交流があると言う訳です。
私は知らずに、これを機に是非、両県で3Sを通じての交流が生まれることを楽しみにしています。
とスピーチしたら、行政の方からは、実は九戸と栗原は大変深いご縁があり、しかも、九戸は岩手県の北端、栗原は宮城県の北端。
何かとよく似ているんです。
とのスピーチ返しがありまして、またまた不思議なご縁が深くなる。
そんな気がして嬉しくなりました。
ご縁を取り持ったのが、大阪人である私というのも、またなんだか不思議な気持ちになります。
今度は良縁を取り持つ事が出来、とても嬉しく思います。
来年春には、うまく進めば、岩手県の二戸、九戸エリアに新グループが生まれます。
一年ずれではありますが、新しい交流が生まれると思うとワクワクしてきますね。
私もなんだか九戸の事が気になり、城跡などにも是非行ってみたいなぁ。と思った次第です。
400年以上も昔の話ではありますが、たまにはこんな風に昔の話も良いもんですね。
なお、九戸政実についてもっと知りたい方は、
高橋克彦(岩手県出身の作家さん)著者
『天を衝く』がオススメ。
高橋克彦さんと言えばSF歴史ミステリーの大家!
『竜の柩』や『写楽殺人事件』など大好きで読み漁りました。
懐かしい~、久しぶりに読みたくなりました。
プロフィール

usaginomirai

Author:usaginomirai
(株)IMDワークス&MDファクトリーHS(株)代表取締役 の川端です。中小企業の未来をサポートする、ものづくりの地域を越えた顔の見える連携をテーマに連携事業、教育事業をベースに活動中。

ニックネームは、日本全国神出鬼没なことから、ものづくりのくノ一

MDファクトリーHS(株)
MDネットショップ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
MMS(マイクロモノづくりストリーミング)
H24.6.1マイクロモノヅクリさんでの話しが配信中です。
FC2カウンター
FACE BOOK
monozukulinkTV
monozukulinkの情報発信TVスタート!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク